鎌倉版 掲載号:2014年6月6日号 エリアトップへ

ボランティア活動が国際ソロプチミスト東リジョンから表彰された 山口七星(ななせ)さん 清泉女学院高等学校3年生 18歳

掲載号:2014年6月6日号

  • LINE
  • hatena

世界に共感の輪広げる

 ○…女性による世界的奉仕団体、国際ソロプチミスト東リジョンが14〜17歳の女性を対象に、日頃のボランティア活動における成果を表彰する「ヴァイオレット・リチャードソン賞」。2千人以上の応募から、優秀賞にあたるガバナー賞を受賞した。選考にあたって提出した小論文の題名は「人のこころを動かすということ」。中学生の頃から福祉委員として続けるボランティア活動の経験をもとに書いた。「賞に恥じないよう、これからも活動していきたい」と笑顔で意気込む。

 ○…幼いころに洗礼を受け、「物心ついたときから、誰かのために働きたいと思っていた」。ただ、ボランティアや支援には固いイメージがある。それを払しょくし、多くの人に参加してもらうにはどうしたらいいか。考えた末にたどり着いたのが「共感」というキーワードだ。雪ノ下教会でのバザーに参加してフェア・トレード商品の販売をした際、作り手が直面する問題などを来場者に伝えると、興味を示さなかった人も買ってくれたという。「ただのお菓子が、背景を理解することで特別な価値を持つ。人は何かに共感した時、行動に移すのだと実感した」と嬉しそうに話す。

 ○…清泉小学校から女学院中学、高校に進んだ。「うちの学校はやりたいことを応援してくれる雰囲気がある」と話し、福祉委員活動の傍ら、全国的に有名な音楽部に所属し、合唱にも励む。厳しい練習も前向きに取り組んでおり、周囲の友人や教諭は「うまく両立している」と舌を巻く。息抜きはアラビア語の勉強。「世界史を学んで、中東に興味を持った。いつか行ってみたい」と目を輝かせる。

 ○…「将来NGOで国際協力の仕事をしたい。宗教や文化の違いを理解しつつ、女性だからこそできることがあるはず」と、次のステージの目標は明確だ。そのためにまず、大学で知識を吸収したいという。いつか「共感の輪」が世界中に広がる日を夢見ている。

鎌倉版の人物風土記最新6

本多 理恵子さん

レシピ本大賞エッセイ賞を受賞した『料理が苦痛だ』の著者

本多 理恵子さん

雪ノ下在住 54歳

10月11日号

齋藤 俊光さん

鎌倉芸術館の総括責任者を務める

齋藤 俊光さん

川崎市在住 59歳

10月4日号

松原 洋平さん

「オクトーバーフェスト」を主催する鎌倉商工会議所青年部鎌倉ビジョン委員会委員長

松原 洋平さん

大船在住 34歳

9月27日号

矢野 元晴さん

自身初となる画集「平成鎌倉の記憶」を出版した水彩画家

矢野 元晴さん

浄明寺在住 30歳

9月20日号

高橋 健治さん

NPO法人鎌倉ガイド協会の会長を務める

高橋 健治さん

腰越在住 75歳

9月13日号

高橋 浩太郎さん

全国消防救助技術大会「ロープブリッジ渡過」種目でトップタイムを記録した

高橋 浩太郎さん

城廻在住 29歳

9月6日号

生駒 光識(みつのり)(蘭嵩)さん

神奈川県美術展「書」部門で大賞を受賞した

生駒 光識(みつのり)(蘭嵩)さん

西御門在住 60歳

8月30日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ピアノ・歌曲の演奏会

ピアノ・歌曲の演奏会

10月31日 藤沢市民会館

10月31日~10月31日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク