鎌倉版 掲載号:2014年6月20日号 エリアトップへ

「岩塊は中世の重要な遺構」 講演で専門家が指摘

文化

掲載号:2014年6月20日号

  • LINE
  • hatena
スライドをもとに講演する馬淵さん
スライドをもとに講演する馬淵さん

 北鎌倉史跡研究会(出口茂代表)は6月16日、山ノ内公会堂で講演会「鎌倉史の中の北鎌倉―北鎌倉駅ホームに突き出た岩塊の意味を中心に―」を開催した。

 同会はJR北鎌倉駅ホームに隣接する岩塊の歴史的価値に注目し、その保存を目指して結成された。当日は約30人が参加するなか、日本考古学協会理事の馬淵和雄さんが講演した。

 馬淵さんは「一遍上人絵伝」や14世紀の円覚寺の境内を描いた図などをもとに、北鎌倉駅そばの岩塊が「平安時代にはすでに鎌倉と外の領域を隔てる北の境界の役割を果たしていた」という見解を明らかにした。

 そして三代執権・北条泰時が境界のすぐ外で「四角四境祭」という儀式を行っていることなどを踏まえ「この岩塊は、武士の登場や都市とそこに住む人々の出現、境界・領土意識の高揚といった、中世という日本史の大きな流れを象徴する場所であり、重要な遺構。ぜひ保存を」と話した。

鎌倉版のローカルニュース最新6

「フラセン」の魅力 動画で発信

「フラセン」の魅力 動画で発信 社会

初のバーチャルツアー開催

5月14日号

鎌倉検定 今年も中止

鎌倉検定 今年も中止 社会

感染症拡大回避のため

5月14日号

円満相続を考える

円満相続を考える 社会

NPOセンターでセミナー

5月14日号

あわたん×シナモロール

あわたん×シナモロール 経済

えのすいでイベント

5月14日号

新江ノ島水族館

新江ノ島水族館 社会

ペンギン愛称決まる

5月14日号

本物の装束着て演技

本物の装束着て演技 文化

 鎌倉こども能で募集

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter