鎌倉版 掲載号:2014年7月18日号 エリアトップへ

文学館で特別展を開催中の絵本作家 西巻 茅子さん 大町在住 75歳

掲載号:2014年7月18日号

  • LINE
  • hatena

今も続く表現の探求

 ○…絵本作家としてデビューして47年。うさぎの服の柄がくるくる変わる「わたしのワンピース」や主人公たろうの「もっと大きくなりたい」という気持ちを描いた「もしもぼくのせいがのびたら」などユーモア溢れる絵本を子どもたちの元に届けてきた。作品の世界が9月21日まで、鎌倉文学館で展示されている。「これだけ多くの作品があるのか、と自分でも驚いた。読者が支えてくれたおかげです」と目を細める。

 ○…東京都世田谷区出身。父親が画家だったこともあり、幼少期から絵に親しんでいた。東京藝術大学を卒業後は幼稚園で絵を教えたり、版画作品を制作したりしていた。そんな折、絵本専門出版社のこぐま社から一冊作らないか、と声をかけられた。「絵本について何も知らなかったけれど、これは一生の仕事になる、と感じた」と振り返る。ぬいぐるみの目に使われていたボタンが取れて冒険する「ボタンのくに」は、デビュー作ながら今でも子どもに愛されるロングセラーに。「多くの色を使ったのだけれど、子どもはいつの時代もこういうのが好きみたいね」とほほえむ。

 ○…「せっかく絵本なんだから、絵を主人公にしようと思って」と代表作である「わたしのワンピース」を制作。花畑に行くと花柄に、雨が降るとしずく柄にワンピースの模様が変わっていく展開に出版社からは「物語性が小さい」と書き直しを求められたことも。それでも「絵の変化こそが面白い」と信念を通した。その後も刺繍や油絵など多様な手法を取り入れてきた。「成功した手法をもう一度とは思わない。色々なことを試したくなっちゃうの」といたずらっぽく話す。

 ○…「ずっと憧れで、いつか住もうと思っていた」と鎌倉に越してきたのは20年ほど前。海岸など周辺を散歩することを楽しみにしているという。「読者に面白い、と思ってもらうには自分がリラックスして楽しまないと」と笑顔で語った。

鎌倉版の人物風土記最新6

依田 恵美さん

JR鎌倉駅の新駅長

依田 恵美さん

48歳

1月21日号

井出 朋子さん

「鎌倉大仏前マルシェ」の実行委員長

井出 朋子さん

腰越在住

1月14日号

永田 磨梨奈さん

鎌倉青年会議所(JC)の新理事長

永田 磨梨奈さん

七里ガ浜在住 38歳

1月1日号

山本 みなみさん

初の単著「史伝北条義時」を上梓した鎌倉歴史文化交流館の学芸員

山本 みなみさん

市内在住 32歳

12月17日号

TAKAKOさん

鎌倉を拠点に活動する「ビューティークリエイター」

TAKAKOさん

浄明寺在住

12月10日号

太田 彌生さん

12月からバッハについての講座を開く作曲家・ピアニスト

太田 彌生さん

61歳

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook