鎌倉版 掲載号:2014年7月18日号 エリアトップへ

深沢高校ライフル射撃部 4年連続で全国の舞台へ

スポーツ

掲載号:2014年7月18日号

  • LINE
  • hatena
「集中し続けることが一番大事」と菊地さん
「集中し続けることが一番大事」と菊地さん

 県立深沢高校ライフル射撃部の3選手が、7月28日から31日まで広島県で行われる「全国高等学校ライフル射撃競技選手権大会」に出場する。同校のインターハイ出場は4年連続。

個人・団体で出場権

 ライフル射撃にはエア・ライフルとビーム・ライフルがあり、同校がエントリーしたのはビーム・ライフル。競技は10m先にある直径45・5㎜の的を狙うもので、1人45分の持ち時間で60射し合計点で競う。

 神奈川県予選は6月14日、伊勢原射撃場で開催され9校86人が出場し腕を競った。その結果、高橋健さん(2年)が1位、菊地雅遼さん(3年)が4位に入り、個人戦でのインターハイ出場を決めた。また木塚政義さん(3年)を加えた3人での団体戦でも、全国の切符を掴んだ。

集中力がカギ

 現在はインターハイ本番を目前に、密度の濃い練習が続く。普段は高校生らしい表情が見え隠れする3人だが、練習が始まると表情は一変し、教室の空気も一気に張りつめた。

 立ったままの姿勢で重さ約5キロの銃で的を狙い続けるライフル射撃。全神経を集中させるため「競技終了後はすごく疲れる」と3人は声を揃える。そのためランニングなどの体力作りは欠かせない。

 そして最後に物を言うのが集中力。2年生ながら県予選を1位通過した高橋さんの「どんな状況でも動じない精神力」には、先輩の2人も舌を巻く。

上位進出目指す

 ライフル射撃部に入部したのは「珍しかったから」という3人。同部の強さの秘密を尋ねると「練習の合間や放課後は大騒ぎするけれど、練習では集中する。メリハリがあるのが良いところ」と笑う。

 インターハイが高校生活最後の大会となる3年生2人は「プレッシャーを感じずに集中する」(菊地さん)「実力を出し切りたい」(木塚さん)と自然体を強調。また2年生エースの高橋さんは「いつも通り集中して、ファイナルに進出できる上位8人を目指す」と意気込んでいる。
 

手前から高橋さん、菊地さん、木塚さん
手前から高橋さん、菊地さん、木塚さん

鎌倉版のローカルニュース最新6

大河・時代考証者が語る

大河・時代考証者が語る 教育

 11日 坂井孝一さん講演

1月21日号

詐欺未然に防ぎ感謝状

詐欺未然に防ぎ感謝状 社会

 ファミマ大船駅前店

1月21日号

「防災標語」の締切迫る

鎌倉大船ロータリー

「防災標語」の締切迫る 教育

小・中学生から作品募集中

1月21日号

サーカス団員ら大仏訪問

サーカス団員ら大仏訪問 社会

 「日本文化は面白い」

1月21日号

ARで義時の法華堂再現

ARで義時の法華堂再現 文化

現地では疑似体験も

1月21日号

俳句・川柳作品を募集

俳句・川柳作品を募集 文化

みらいふる鎌倉広報紙

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook