鎌倉版 掲載号:2014年7月18日号 エリアトップへ

深沢地区再開発計画 予定地ツアーに市民50人 住民団体が企画

社会

掲載号:2014年7月18日号

  • LINE
  • hatena
JR職員から説明を受ける参加者ら
JR職員から説明を受ける参加者ら

 深沢地区で進む再開発計画に対し、住民の視点からまちづくりの提案を行っている「洲崎陣出の杜の会」(徳増元治代表)は7月13日、JR大船工場跡地など再開発予定地とその周辺を巡る「ツアー」を開催した。

 これは同会が「計画に対する関心を高めたい」と企画したもので、当日は市民約50人が参加した。参加者らはまずJR工場跡地を見学。同社職員から「広さは東京ドーム約3個分で最盛期には約600人が働いていた。一昨年10月から建屋や杭、変転設備などを撤去し、更地化する工事や鉛汚染の除去作業が進んでいる」などの説明を受けた。

 その後は新田義貞の鎌倉攻めの際の激戦地となった洲崎古戦場の碑や、戦いで亡くなった人の供養のために建てられたと言われる「泣き塔」、富士山信仰の拠り所となっていた富士塚、戦前に温泉があり、現在も鉱泉が湧き出している井戸などを巡った。参加した男性は「初めて来た場所も多く、興味深かった」と話した。

 ツアー終了後は、深沢学習センターで参加者による意見交換が行われた。徳増代表は「徐々に関心が高まっていると感じている。現在進んでいる紋切型の計画ではなく、眺望や歴史を活かした、深沢ならではのまちづくりが少しでも実現できるように提案を続けていきたい」と話した。

 この再開発予定地を巡っては、鎌倉市が市議会6月定例会で6月中の告示を目指して進めてきた都市計画決定手続きを「住民への説明不足」や「新しいごみ焼却施設の建設候補地の一つになっていること」などを理由に、見合わせることを明らかにしている。

鎌倉版のトップニュース最新6

コロナ感染、前週比9倍に

コロナ感染、前週比9倍に 社会

鎌倉でも年明け急増

1月14日号

「鎌倉殿の13人」スタート

「鎌倉殿の13人」スタート 社会

コミカルな中に凄惨さ

1月14日号

北条氏の軌跡をたどる

歴史文化交流館

北条氏の軌跡をたどる 文化

企画展「伊豆から鎌倉へ」

1月7日号

1596人が新成人

1596人が新成人 社会

今年のテーマは「紡」

1月7日号

深沢地区、都市計画決定へ

深沢地区、都市計画決定へ 社会

新春市長インタビュー

1月1日号

いざ、「鎌倉殿の13人」

いざ、「鎌倉殿の13人」 文化

出演・中村獅童さん語る

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook