鎌倉版 掲載号:2014年9月12日号 エリアトップへ

みらいふる鎌倉50周年記念大会の実行委員長を務める 沖田 俊昭さん 十二所在住 80歳

掲載号:2014年9月12日号

  • LINE
  • hatena

充実した「第二の人生」を

 ○…市内で活動する老人クラブをまとめる「鎌倉市老人クラブ連合会」(みらいふる鎌倉)の50周年を記念し、11月に記念大会が行われる。その実行委員長を務める。「より多くの人に地元クラブの存在を知ってもらえる機会になるよう、頑張っています」と笑顔を見せる。

 ○…鎌倉生まれ鎌倉育ち。幼いころ、住んでいた雪ノ下界隈では「鎌倉の悪童と呼ばれるほどのいたずら坊主」で、「近所の人にはとても可愛がってもらったけれど、その分悪さがみつかると思いっきり怒られた」といたずらっぽく語る。「親からは向こう三軒両隣の大切さを一番に教わった。自分自身も地域に育てられたようなもの」ときっぱり。しかし大学卒業後に建設関係の会社に就職すると、全国を転々とし長く鎌倉を離れていた。また戻ってきても仕事が忙しく、鎌倉には「寝に帰ってくるだけ」の状態が続いたという。「あれだけ世話になったまちのことなんて、当時は何一つ分からなくなっていた」と振り返る。

 ○…60歳のころ、知人からグラウンドゴルフのクラブに誘われ、入会。そこで老人会の存在を知った。「自分が30歳のころからこんな会が存在していたなんて」と驚くとともに、「雪ノ下老人クラブ」の活動に参加するように。その後、住まいを十二所に移し「十二所ちとせ会」に所属、72歳で会長になった。現在はみらいふる鎌倉の副会長も務める。「活動の中で素敵な先輩や仲間に恵まれて良い刺激になった。『第二の人生』のあり方を多くの人に示して、次の世代につないでいけたら」と朗らかに語る。

 ○…子どもは独立し、現在は妻と2人暮らし。一緒にパソコン教室に通うなど、結婚50年を経た妻とは今でも行動をともにすることが多いという。記念大会の準備に奔走するなか、息抜きはカラオケ。「練習は近所の公民館で。随分うまくなったんだよ」と満面の笑みを浮かべた。
 

鎌倉版の人物風土記最新6

板生 郁衣さん

西洋哲学の入門書『14歳からの哲学サロン』(銀の鈴社)を出版した

板生 郁衣さん

浄明寺在住 74歳

2月19日号

堀米 剛さん

「鎌倉みんなのスタジアム」事業を中心となって進める

堀米 剛さん

笹目町在住 41歳

2月5日号

岡田 厚さん

『鎌倉の谷戸と廃寺&古絵図』を自費出版した

岡田 厚さん

西鎌倉在住 73歳

1月29日号

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク