鎌倉版 掲載号:2014年9月19日号 エリアトップへ

南京で行われた「ユース五輪」セーリング競技に出場した 新嶋 莉奈さん 材木座在住 14歳

掲載号:2014年9月19日号

  • LINE
  • hatena

東京五輪目指す湘南の星

 ○…今夏、中国・南京を舞台に開催された「ユース五輪」のセーリング競技に日本代表として出場した。ほとんど風が吹かず、持ち前の技術やコース取りが活かしにくい条件での試合を強いられたが、7位に入る健闘を見せた。大会を振り返り「得意ではない風域でもある程度の結果が出せたという手ごたえと、もっとできたはず、という悔しさが半々」と笑顔を見せる。

 ○…元プロ選手の父・光晴さんの指導の下、6歳でウインドサーフィンを始め、すぐに「水の上を滑るように進むスピード感」に魅せられた。競技に打ち込むようになったのは、小学2年生で出場したジュニア大会がきっかけという。見事優勝したものの、初めて同年代の選手たちと出会い「練習しないと負けてしまうと思い危機感が生まれた」。特に松浦花咲実さん(大阪)は勝ったり負けたりを繰り返す、自他ともに認めるライバル。互いの存在を意識することで腕を磨いてきた。

 ○…ユース五輪中のホテルでは、他の競技の選手3人と同部屋に。試合が終われば、年頃の女の子らしく「ガールズトーク」を楽しむ一方、親元を離れて寮生活を送る選手の話には「競技に打ち込む姿勢にすごく刺激を受けました」という。「自分も東京五輪を目指したい」ときっぱり。この夏の経験が、夢の輪郭をよりはっきりとさせたようだ。

 ○…高校受験を控え、今は勉強漬けの日々。「夏休みにあまり勉強できなかったので挽回が大変」と苦笑する。進学後は、来年10月にアルゼンチンで開催されるワールドカップでのメダル獲得が目標だ。その後は五輪でも実施されるRSX級の用具に切り替える予定で、「東京」への挑戦が本格的に始まる。「もっと身長がほしいし体力もつけないと。苦手なスタートも改善したい」と課題は十分認識している。理想とする「どんな条件でも勝てる本当に強い選手」を追求するその先に、6年後の大舞台が見えてくるはずだ。

鎌倉版の人物風土記最新6

和田 冨岳さん(本名:和田冨士子)

70周年を迎えた鎌倉彫刀華会の会長を務める

和田 冨岳さん(本名:和田冨士子)

長谷在住 80歳

4月16日号

菅原 朝美さん

「アルファベットカード」の製作、放課後かまくらっ子への配布を目指す

菅原 朝美さん

藤沢市在住 42歳

4月9日号

河本 蓮大朗さん

古着で織った作品を建長寺などで展示する染織作家

河本 蓮大朗さん

二階堂在住 29歳

4月2日号

高畠(たかはたけ) 薫さん

動画投稿サイトの「寺歌」シリーズが話題の歌手

高畠(たかはたけ) 薫さん

山ノ内在住 41歳

3月26日号

染川 真弓さん

「音楽で世界を旅する」をテーマに、コンサートを開催するピアニスト

染川 真弓さん

常盤在住 51歳

3月12日号

板生 郁衣さん

西洋哲学の入門書『14歳からの哲学サロン』(銀の鈴社)を出版した

板生 郁衣さん

浄明寺在住 74歳

2月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter