鎌倉版 掲載号:2014年9月26日号 エリアトップへ

材木座JJハウス 「保護犬譲渡の拠点に」 来月カフェも開設

社会

掲載号:2014年9月26日号

  • LINE
  • hatena
134号線沿いの元店舗を利用
134号線沿いの元店舗を利用

 国道134号線に面した材木座にある洋服店の跡地で、今年1月から毎週末、保健所等から引き取られてきた保護犬の譲渡会が行われている。運営するのは保護犬の支援活動を続けてきた市民有志ら。来月にはカフェスペースもオープンし、今後はイベント等も開催する予定という。運営メンバーは「気軽に足を運んでもらい、命の大切さを伝える場にもしたい」と意気込む。

 JJハウス(材木座6の4の21)と名付けられたこの場所は、もともと洋服を扱う店舗だった。この店舗のオーナーで市内手広のペット用品店を営む長嶋有子さんと、横浜で譲渡会や保護犬支援のチャリティーイベントを行っていた長主直子さん、神田治美さんの3人が「常設の譲渡会場を」との思いから意気投合、今年1月にオープンした。

 譲渡会に来るのは飼育を放棄されたり、「野良犬」となったところを捕獲され、動物愛護センターなどの施設へ送られた犬たち。そうした施設から引き取る資格を持った保護団体や個人のほか、保護犬の一時的な世話をするボランティアが預かっている犬たちを連れてきている。

 1974年度に115万9千匹だった全国の犬の殺処分数は2012年度には3万8千匹まで減少している。しかし近年、人間社会の問題がペットに波及するケースが目立つという。「経済的な理由はもちろん、飼い主の介護や離婚などをきっかけに飼育を放棄するケースもあります」と神田さんは話す。

 保護犬の中には歳をとっていたり、持病がある犬もいる。それでも、これまで10頭ほどの保護犬が新たな家族に迎えられた。「受け入れる態勢が整っているか確認するのはもちろん、経験者の立場から冷静なアドバイスをして、皆が納得したマッチングを目指しています」と長主さんは話す。

「命の大切さ学ぶ場に」

 10月11日(土)には、カフェもオープンし毎週土日の午前8時から午後4時まで営業する。もちろんペットの同伴が可能だ。長嶋さんは「明るい雰囲気で保護犬やボランティアとコミュニケーションできる。命の大切さを学び合う場にしたい」と話す。

 3人が共有するのは「ペットの命が直面している現実があまりにも知られていない」「もっと多くの人が知れば変わる」との思いだ。ペットを求める人が自然と譲渡会に訪れるようになるのを目標に、今後写真展などのイベントも行いたいという。問い合わせは【電話】0467・84・8270へ。
 

鎌倉版のトップニュース最新6

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

「教育現場に外部の力を」

鎌倉市

「教育現場に外部の力を」 教育

連携へ資金募集開始

1月1日号

「新年度26億円の減収に」

新春市長インタビュー

「新年度26億円の減収に」 政治

リーマンショック並み予測

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク