鎌倉版 掲載号:2014年10月31日号 エリアトップへ

発足15周年を迎えた「AMDA鎌倉クラブ」の代表 根津 伶子さん 十二所在住

掲載号:2014年10月31日号

  • LINE
  • hatena

筝で紡ぐ支援の思い

 ○…災害や紛争が発生した際、多国籍の医師団を結成し、人道支援活動を展開している国際的非営利組織AMDA(本部=岡山市)。その活動を応援する「鎌倉クラブ」を発足させて15年の節目を迎えた。11月15日には鎌倉芸術館で記念のチャリティーコンサートを開催する。収益は東日本大震災被災地と発足以来支援を継続しているホンジュラスに寄付する予定。「支援は続けることが大事ですから。できる範囲で、今後も寄付をしていきたい」と穏やかに語る。

 ○…岡山県出身。「筝に興味があって」と進学した岡山大学で邦楽部に入部した。すぐにのめり込み、4年生で免許を取得するほどの腕前に。卒業後、一旦は小学校教員として働き始めたが「どうしても筝を弾く生活がしたかった」と2年で退職。教室を開くかたわら、作曲や国内外でのコンサート活動に力を入れた。20年ほど前、結婚を機に鎌倉に拠点を移した。

 ○…1998年、大学の後輩でAMDA代表を務める医師の菅波茂さんから頼まれ、ネパール子ども病院の開所記念に現地で演奏を披露した。同団体の活動を知り「少しでも力になりたい」と翌99年に鎌倉クラブを設立。以降、チャリティーコンサートやバザーを開催し寄付を行ってきた。設立の前年にハリケーン被害を受けたホンジュラスに継続的な支援をしており、15年間の寄付総額は1千万円に手が届くところまできている。「計算してびっくりしました。コツコツ続けてきたことがこれだけになるなんて、感慨深いです」と目尻にしわをよせる。

 ○…今回のコンサートには「長い付き合い」という中国人の二胡奏者も出演する。記念演奏会など節目に駆けつけてくれるといい「大好きな『二泉映月』を一緒に演奏するのが楽しみ」とほほえむ。本番を控え「演奏で困っている方の力になるのなら、これ以上のことはないですね」と柔らかな笑みを浮かべた。
 

鎌倉版の人物風土記最新6

依田 恵美さん

JR鎌倉駅の新駅長

依田 恵美さん

48歳

1月21日号

井出 朋子さん

「鎌倉大仏前マルシェ」の実行委員長

井出 朋子さん

腰越在住

1月14日号

永田 磨梨奈さん

鎌倉青年会議所(JC)の新理事長

永田 磨梨奈さん

七里ガ浜在住 38歳

1月1日号

山本 みなみさん

初の単著「史伝北条義時」を上梓した鎌倉歴史文化交流館の学芸員

山本 みなみさん

市内在住 32歳

12月17日号

TAKAKOさん

鎌倉を拠点に活動する「ビューティークリエイター」

TAKAKOさん

浄明寺在住

12月10日号

太田 彌生さん

12月からバッハについての講座を開く作曲家・ピアニスト

太田 彌生さん

61歳

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook