鎌倉版 掲載号:2014年10月31日号 エリアトップへ

アマチュア無線、防災に活用 愛好家と自治会 初の訓練

社会

掲載号:2014年10月31日号

  • LINE
  • hatena
無線で避難所の様子を確認
無線で避難所の様子を確認

 大町自治連合会(秋本民雄会長、9自治会、約2400世帯)は10月19日、地元のアマチュア無線クラブと連携した初の防災避難訓練を実施した。

 訓練に参加したのは「鎌倉大町非常通信アマチュア無線クラブ」(菅尾成彦会長)のメンバー。同クラブは、東日本大震災で固定電話や携帯電話のほか、メールなども通じにくくなったことから「不特定多数に同時に発受信できるアマチュア無線の特徴を防災に活かそう」と2011年11月に市内の愛好家らが発足させた。現在は22人の会員がネットワークづくりや勉強会の開催を続けている。

 訓練当日、参加者は午前10時のサイレンを合図に、5カ所の避難所へ移動を開始。初期消火や担架搬送の訓練なども行われた。

 妙本寺と大町ふれあい広場の避難所にはアマチュア無線機が設置され、会員が参加人数や訓練内容について連絡を取り合った。同クラブでは「今後も自治会や行政との連携を深めていきたい」としている。

 訓練に参加した男性は「災害が起こった時に最も大切なのは正しい情報。多様な通信手段があることは、いざという時に心強い」と話していた。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6

大河・時代考証者が語る

大河・時代考証者が語る 教育

 11日 坂井孝一さん講演

1月21日号

詐欺未然に防ぎ感謝状

詐欺未然に防ぎ感謝状 社会

 ファミマ大船駅前店

1月21日号

「防災標語」の締切迫る

鎌倉大船ロータリー

「防災標語」の締切迫る 教育

小・中学生から作品募集中

1月21日号

サーカス団員ら大仏訪問

サーカス団員ら大仏訪問 社会

 「日本文化は面白い」

1月21日号

ARで義時の法華堂再現

ARで義時の法華堂再現 文化

現地では疑似体験も

1月21日号

俳句・川柳作品を募集

俳句・川柳作品を募集 文化

みらいふる鎌倉広報紙

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook