鎌倉版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

大船署管内 振り込め被害ゼロ継続中 学生の防犯活動も貢献

社会

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena

 大船警察署(綿引緑署長)管内では、今年に入って振り込め詐欺被害ゼロが続いている。昨年は1年間で17件約4900万円と過去最悪の被害を記録。同署生活安全課では「金融機関との協力による『水際対策』や地域の学生らによる防犯活動の成果では」と話す。

 振り込め詐欺の被害は、増加の一途をたどってきた。昨年1年間に神奈川県内で発生した被害は1392件約42億円。2012年の515件約13億円と比較すると、2年で件数、被害額とも約3倍となった。

 大船署管内でも12年は2件約660万円だった被害が、13年に20件約4020万円、14年は17件約4900万円と過去最悪の被害額となった。

 しかし、昨年12月の事案を最後に、同署管内では被害ゼロが続く。年明け以降のゼロは、3月25日時点で県内54署中、9署のみ。昨年1〜3月の被害(6件約1540万円)と比較すると、大幅な減少となった。また鎌倉署管内でも1月の1件に止まるなど、今年に入って被害の減少傾向が続いている。

 その理由について大船署生活安全課は「これまで続けてきた被害抑止、啓発活動がかたちとなって現れてきたのでは」とする。

 特に金融機関と協力し、高額な引き出しをする高齢者に職員が積極的な声かけを行う「水際対策」は大きな成果を上げており、大船署管内だけでも、昨年は39件約1億1千万円の被害を抑止したという。

鎌学生を表彰

 また「高齢者が孫のように接してくれるので、注意を聞いてもらいやすくなる」と大船署が高く評価するのが、鎌倉学園中学校・高等学校インターアクト部の活動だ。

 同部は12年から大船署と共同で地域のパトロールを開始。こどもの家での防犯紙芝居の上演や高齢者宅の清掃、振り込め詐欺防止の呼びかけをテープに吹き込むなどの活動を行っている。3月18日には今泉さわやかセンターで、詐欺の手口を描いた寸劇にも初めて挑戦した。こうした功績が認められ、同部はこのほど、防犯功労団体として警察本部長褒賞を受賞した。

 部長の原望峰さん(17)は「このような賞をもらえてうれしい。現在10人ほどで活動しているので、今後はもっと仲間を増やしてまちの役に立つ活動をしたい」と感想を話した。

綿引署長から表彰される原部長
綿引署長から表彰される原部長

鎌倉版のトップニュース最新6

陽性者累計505人に

鎌倉市内新型コロナ

陽性者累計505人に 社会

1週間で78人増

1月22日号

食品の配布会、初開催

ふらっとカフェ

食品の配布会、初開催 社会

「パントリー」実現へ第一歩

1月22日号

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク