鎌倉版 掲載号:2015年5月22日号 エリアトップへ

救急拠点の設置提案で全国へ 市消防職員の尾崎さん

社会

掲載号:2015年5月22日号

  • LINE
  • hatena
関東大会の様子(提供:尾崎さん)
関東大会の様子(提供:尾崎さん)

 鎌倉市消防本部警防救急課の消防副士長・尾崎裕太さん=人物風土記で紹介=が5月23日(土)、静岡県で行われる全国消防職員意見発表会に出場する。

 この大会は、全国各地から集まった消防職員が日頃の職務を通じて感じたことや抱負を発表するもの。尾崎さんは先月開催された関東支部大会で最優秀賞となり、全国大会への出場を決めた。

 スピーチのタイトルは「『救急駆け込み寺』が観光客を救う」。警察や地方公共団体で実施している「こども110番の家」をヒントに、観光スポット周辺の商店や飲食店、コンビニを救急拠点とする仕組みづくりを提案する。具体的には、応急手当の方法や最寄りのAED設置場所が書かれたマニュアルのほか、外国語カードを設置。商店の店員らに救命講習会に参加してもらい、修了した店舗へ「駆け込み寺ステッカー」を交付してアピールすることで、観光客に不測の事態があったときに、応急処置ができるとしている。

 尾崎さんは「鎌倉を訪れる人に笑顔で帰ってもらうためにはどうすればいいか、考えるきっかけになれば。自分の思いを多くの人に届けたい」と話している。

鎌倉版のローカルニュース最新6

「佛教の源流」100人が学ぶ

「佛教の源流」100人が学ぶ 文化

顕証寺の佛立大学講座

12月6日号

振り込め詐欺を防止

三菱UFJ銀行鎌倉支店

振り込め詐欺を防止 社会

鎌倉警察署から感謝状

12月6日号

国文化財特別公開

国文化財特別公開 文化

旧山本条太郎別荘

11月29日号

タスキつなぎ「認知症に理解を」

「RUNTOMO」初開催

タスキつなぎ「認知症に理解を」 社会

11月29日号

防災ハイクで魅力発見

防災ハイクで魅力発見 文化

12月8日 江ノ電沿線で

11月29日号

実例から学ぶ認知症

実例から学ぶ認知症 社会

13日 家族対象に講座

11月29日号

ヒョウタンの灯かり展示

ヒョウタンの灯かり展示 文化

30日〜6日 ギャラリーえにし

11月29日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク