鎌倉版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

三浦半島サミット 健康分野でも連携深め 5首長が意見交換

文化

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena
サミット終了後の会見
サミット終了後の会見

 横須賀、鎌倉、逗子、三浦の4市と葉山町の5首長が共通の課題や活性化策などについて話し合う「三浦半島サミット」の4回目の会合が21日、葉山町福祉文化会館で開かれた。県が推進する「未病」への取り組みなど2事業について連携を強化することを確認したほか、新たに県自転車商協同組合と協定を締結。松尾崇鎌倉市長から、歴史的建造物などを活用した「居住体験・滞在プログラム」の提案もあった。

 高齢化率(人口に占める65歳以上の割合)が増加傾向にある県では、病気手前とされる未病を治す取り組みを強化しており、同サミットもこの動きに同調し、連携を図る考え。三浦半島は特に高齢化が進んでおり、今回ホスト役を務めた山梨崇仁葉山町長は「町単独でも健康増進や食育推進の事業を行っているが、サミットで『健康半島宣言』をするなどして事業連携できないか」と提案。首長らからは「大いに賛成だ。具体的な数値目標を定めてはどうか」など声があがった。今後は事務レベルで情報交換を行っていく。また県が海を起点に「湘南ブランド」を発信し、内外にPRする事業についても同調することで確認した。

 自転車による観光振興策では、昨年5月に刊行した半島横断サイクリングマップに掲載されているコース沿いの飲食店などに修理器具や空気ポンプを備えた「サイクルエイドステーション」を設置したことを報告。同サミットに空気ポンプ40本を寄贈した県自転車商協同組合(矢島定昭組合長)と協定も交わした。

 居住体験・滞在プログラムについては、提案者の松尾崇鎌倉市長がプレゼンテーション。「鎌倉だけなく、三浦半島には魅力的な建物が多くある。滞在してもらうことで新たな魅力が出来、移住促進にも繋がるのでは」と提起した。ただ、宿泊施設の有料提供は法の規制があるため、今後意見交換をした上で、協議を進めるとした。

 会議後の会見では、三浦半島連絡協議会の代表を務める吉田雄人横須賀市長が「健康や医療など、市民に身近な分野でも連携が図れるのは意義深い。今後さらに実のあるものに変えていくことが必要だ」と述べた。

鎌倉版のローカルニュース最新6

「佛教の源流」100人が学ぶ

「佛教の源流」100人が学ぶ 文化

顕証寺の佛立大学講座

12月6日号

振り込め詐欺を防止

三菱UFJ銀行鎌倉支店

振り込め詐欺を防止 社会

鎌倉警察署から感謝状

12月6日号

国文化財特別公開

国文化財特別公開 文化

旧山本条太郎別荘

11月29日号

タスキつなぎ「認知症に理解を」

「RUNTOMO」初開催

タスキつなぎ「認知症に理解を」 社会

11月29日号

防災ハイクで魅力発見

防災ハイクで魅力発見 文化

12月8日 江ノ電沿線で

11月29日号

実例から学ぶ認知症

実例から学ぶ認知症 社会

13日 家族対象に講座

11月29日号

ヒョウタンの灯かり展示

ヒョウタンの灯かり展示 文化

30日〜6日 ギャラリーえにし

11月29日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク