鎌倉版 掲載号:2015年5月29日号 エリアトップへ

新ごみ焼却施設 市、初の地元向け説明会開催 住民約150人が参加

社会

掲載号:2015年5月29日号

  • LINE
  • hatena
市長に質問する地域住民
市長に質問する地域住民

 鎌倉市は5月23日、新しいごみ焼却施設の建設候補地となった山崎浄化センター周辺の住民を対象とした初の説明会を、鎌倉武道館で開催した。

 当日は地域ごとに午前と午後に分けて開催され、151人(午前56人、午後95人)が参加した。

 冒頭、松尾崇市長が経過を説明。昨年6月に発表した4候補地から山崎浄化センターを選定した理由として「下水処理場と連携させることで、焼却施設から発生するエネルギーを活用でき、災害時でも両施設の稼働が確保できる」点などをあげた。

 市環境部から焼却施設の概要として、処理量は年3万3千トン、1日124トン(62トン/日×2炉)で高さは鎌倉武道館と同程度の約30m(煙突は別)とすることなどが示された。

 振動や騒音、臭気については「最新の技術を導入して対応」することや「大気汚染に関する市独自の規制値を設ける」ことで周辺住民に配慮するとした。搬入車両の増加による交通事情については「渋滞を大きく悪化させるものではない」という想定を出した。

 その後行われた質疑応答では「周辺住民は20年以上臭いや振動、騒音に耐えてきた。これ以上の負担は受け入れられない」や「民主主義の基本である公平性を無視し、山崎に迷惑施設を集中させることは許せない」と建設に反対する意見が多く上がった。また「理由を聞くと山崎以外の候補地はなく、最初から山崎という結論ありきだったのでは」と選定の過程への不信も述べられた。

 このほか、浄化センターの建設にあたり住民が要望していたスポーツ広場等の整備が実現していないことから「まずは市が約束を果たすべき」という声に対して市は「センターの上部利用などにより少しずつ進めていく」と回答。「山崎以外の場所に変更する余地はないのか」の質問に松尾市長は「私が市長である限り、山崎を候補地として進めたい」とした。

鎌倉版のローカルニュース最新6

「佛教の源流」100人が学ぶ

「佛教の源流」100人が学ぶ 文化

顕証寺の佛立大学講座

12月6日号

振り込め詐欺を防止

三菱UFJ銀行鎌倉支店

振り込め詐欺を防止 社会

鎌倉警察署から感謝状

12月6日号

国文化財特別公開

国文化財特別公開 文化

旧山本条太郎別荘

11月29日号

タスキつなぎ「認知症に理解を」

「RUNTOMO」初開催

タスキつなぎ「認知症に理解を」 社会

11月29日号

防災ハイクで魅力発見

防災ハイクで魅力発見 文化

12月8日 江ノ電沿線で

11月29日号

実例から学ぶ認知症

実例から学ぶ認知症 社会

13日 家族対象に講座

11月29日号

ヒョウタンの灯かり展示

ヒョウタンの灯かり展示 文化

30日〜6日 ギャラリーえにし

11月29日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク