鎌倉版 掲載号:2015年7月24日号 エリアトップへ

20周年を迎えた鎌倉プリンスホテルの支配人を務める 宮地 博篤さん 稲村ガ崎在住 45歳

掲載号:2015年7月24日号

  • LINE
  • hatena

「お客様目線」で空間作り

 ○…「『鎌プリ』と愛称で呼んでくれる人が増えてきたことが何よりうれしいですね」。7月22日に開業20周年を迎えた、鎌倉プリンスホテルの支配人を務める。記念の年となる今年は、江ノ電とコラボレーションした結婚式プランや記念スイーツの販売といった特別な企画を多く用意している。「スタッフ全員でアイデアを出しあって作り上げています。『一人ひとりがお客様目線で考える』。これがうちのモットーですから」と爽やかに語る。

 ○…埼玉県出身。小学生から大学まで水球に打ち込んだ。卒業後は「人と関わる仕事がしたかったし、埼玉県民に馴染み深かったので」と西武グループに入社。「水を身近に感じられる勤務地が良い」と思っていたところ、大磯プリンスホテルに配属となった。客室清掃やベル係、プールの営業など様々な仕事を経験。「どのポジションも面白くて、全然飽きませんでした」と振り返る。

 ○…1996年、開業半年の鎌倉プリンスホテルに赴任した。「海を臨むロケーションの良さに加えて、小説『失楽園』の舞台となったことが話題となって、お客様が途切れることがありませんでした」と当時について話す。「そんな時だからこそ大事だと思ってきた」と語るのが地元への浸透。なかでも印象深いのが、子ども向けのキャラクターショーという。「舞台袖から子どもたちを見ると目がキラキラしていて、これは続けていかなくてはと感じました」。その後数回の転属を経て2009年、同ホテルの支配人に就任した。

 ○…現在は妻と子ども2人と4人暮らし。「高校生の娘と中学生の息子は思春期真っ只中。あまり構ってくれないけれど、めげずにちょっかいを出しています」と首をすくめる。野球部で汗を流す息子の影響で、最近野球観戦をするように。「先日初めて試合を観たのですが、青春の熱さに昔の自分を思い出しました」と朗らかな笑顔を見せた。

鎌倉版の人物風土記最新6

矢萩 美貴子さん

60周年を迎えた(一社)いけばなインターナショナル鎌倉支部の支部長

矢萩 美貴子さん

横浜市在住 53歳

6月4日号

河内 一馬さん

鎌倉インターナショナルFCの監督兼ブランディング責任者を務める

河内 一馬さん

材木座在住 28歳

5月21日号

崎山(さきやま) 直夫(ただお)さん

4月1日付で新江ノ島水族館の館長に就任した

崎山(さきやま) 直夫(ただお)さん

藤沢市在住 52歳

5月14日号

堀 明子(めいこ)さん

5月15日から伊豆の国アートビレッジで「水彩画展」を開催する

堀 明子(めいこ)さん

梶原在住 57歳

5月7日号

中村 恒克(つねよし)さん

長谷寺の「絆観音菩薩像」を制作した彫刻家

中村 恒克(つねよし)さん

横浜市在住 35歳

4月30日号

山本 勉さん

鎌倉国宝館の館長に就任した

山本 勉さん

海老名市在住 67歳

4月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

  • 5月21日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter