鎌倉版 掲載号:2015年7月31日号
  • googleplus
  • LINE

花火大会、高波の影響で中止 予備日なく前日に決定

社会

水上で約2500発を打ち上げる予定だった
水上で約2500発を打ち上げる予定だった
 7月23日に予定されていた第67回鎌倉花火大会が、高波の影響で前日に中止が発表された。

 (公社)鎌倉市観光協会によると、21日に機材を積んだ台船が東京湾から出航したものの、高波のため城ヶ島沖を曳航できず引き返したという。海上での準備に丸一日かかることに加え、今年から経費の関係で予備日を設けていなかったため、前日の22日には中止を決定した。

 花火大会の中止は、台風が接近した2009年と、東日本大震災があった11年に続いて3回目。

 協賛金はすでにパンフレット作成などに使用したため返金の予定はなく、メッセージ付きのサポーター花火については「内容によっては次年度に繰り越す」(同協会)という。同協会は「自然が相手なので仕方がないが、市民の皆さんが楽しみにしている行事なので中止は残念。来年以降、予備日を設けるかなどについては、実行委員会で改めて検討したい」と話している。

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治期の作家の生涯に迫る

明治期の作家の生涯に迫る

鎌倉文学館で特別展

4月21日~7月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク