鎌倉版 掲載号:2015年8月21日号 エリアトップへ

紙で伝える意味感じて 明日から企画展

文化

掲載号:2015年8月21日号

  • LINE
  • hatena

 「紙で伝える展」が8月22日(土)から9月8日(火)まで、銀の鈴ギャラリー(雪ノ下)で開催される。期間中の展示時間は午前10時から午後5時、水曜定休、入場は無料。

 これは鎌倉・湘南を拠点とする出版社「銀の鈴社」、コピーライター事務所「木村文章店」、印刷会社「東湘印版」という3社が企画したもの。

 会場では64種類の一筆箋と封筒が用意され、「誰かを想って文章を書く」体験ができるほか、「未来の鎌倉市へ送る手紙」「福島県飯館村への手紙」を書くコーナーも設けられ、紙で伝えることについて考えられる展示となる。

 主催者は「デジタル化の進むなか、紙はモノとして存在し、それを受け取る人の五感に訴えかけるからこそ、本当に言いたいことが伝わると考えています」と話している。

 問い合わせは、同ギャラリー【電話】0467・61・1930へ。

鎌倉版のローカルニュース最新6

鎌倉市公式企業・求人情報発信サイトがリニューアル

【Web限定記事】鎌倉の企業や求職者のマッチングを支援

鎌倉市公式企業・求人情報発信サイトがリニューアル 社会

企業インタビューも新設

1月22日号

葛飾北斎らの「肉筆浮世絵」が一堂に

【Web限定記事】

葛飾北斎らの「肉筆浮世絵」が一堂に 文化

2月14日まで鎌倉国宝館で特別展開催中

1月22日号

ニューイヤー演奏会延期に

「花は咲く」の合唱動画募集

バレエ映画上映・展示

累計で338人に急増

新型コロナ市内染者

累計で338人に急増 社会

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク