鎌倉版 掲載号:2015年9月11日号 エリアトップへ

115通の恋文を一冊に 常盤在住・稲垣さん

文化

掲載号:2015年9月11日号

  • LINE
  • hatena
著書を手にする稲垣さん
著書を手にする稲垣さん

 市内常盤在住の稲垣麻由美さん=人物風土記で紹介=はこのほど、妻が出征した夫に送った手紙から戦時下の様子を探る「115通の恋文」を上梓した。この企画の発端は、知人であった七里ガ浜在住の渡辺喜久代さんの父・山田藤栄さんが復員時に持っていた手紙の束。7年前にこの束を渡辺さんから見せてもらったことをきっかけに、稲垣さんは書籍化を決めたという。

 書籍のプロデュース業を営む稲垣さんが自ら著者となり、藤栄さんの軍歴証明書を取り寄せるなどして、恋文の裏側にあった歴史の流れなどを調査した。稲垣さんは「後世にも戦争の実情を伝えていける一冊になれば」と話している。同書籍はA5版192ページ、1300円(税別)で扶桑社より発売。

鎌倉版のローカルニュース最新6

羊かんと「神宮の森」成田山への初詣ツアー

返納した金子さんの声

「パートナー養成講座」開催

 フレイル予防へ新たな取り組み

「パートナー養成講座」開催 社会

2月28日号

金澤さん揮毫を市に寄贈

金澤さん揮毫を市に寄贈 社会

4月から芸術館に掲示

2月28日号

年齢を感じさせないステップに驚き!

「元気な仲間増やしたい」

「元気な仲間増やしたい」 社会

大村会長 賀詞交歓会で抱負

2月28日号

「苦しくなる前に相談を」

自殺防止

「苦しくなる前に相談を」 社会

サポートリスト配布へ

2月28日号

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク