鎌倉版 掲載号:2015年9月11日号 エリアトップへ

ノンフィクション作品「115通の恋文」を上梓した 稲垣 麻由美さん 常盤在住 46歳

掲載号:2015年9月11日号

  • LINE
  • hatena

恋文がつないだ家族の絆

 ○…「戦争とは何か、家族の絆とは何か、7年がかりで教えてもらった気がします」。このほど上梓した『115通の恋文』は、中国の戦地にいる夫へ妻が送った手紙をまとめたもの。知人の渡辺喜久代さん(七里ガ浜在住)から保管していた手紙を見せられたことがきっかけだった。「繰り返し綴られる夫を案ずる妻の愛情、寂しさから時に乱れる字。この物語を世に出さなければ、という使命感にかられて必死で執筆しました」とほほえむ。

 ○…神戸出身。25歳で結婚し、夫の転勤で福岡へ。子育て支援センターの紹介で情報誌の制作に関わるようになった。「始めは友だち作りのため」だったが「もしかしたら文章を書くことが自分に合っているかもしれない」と考えるようになったという。関東に移り、17年前に鎌倉へ越した後、地元出版社で働き始めた。

 ○…渡辺さんとは仕事を通じて知り合い、退職後も親交が続いた。7年前、見せられたのが父・山田藤栄さんに母・静枝さんが送った115通の手紙だった。「これは大変なものと出会ってしまった、というのが正直な気持ちでした」と振り返る。取材を始めたものの「学生時代から歴史が苦手で難航しました」と苦笑い。それでも藤栄さんの軍歴証明書と史実を一つひとつ照らし合わせ、時には当時の部下に会いに行くなどし、手紙の背景を詳らかにしていった。「100通を越える手紙を送った静枝さんの情熱も、藤栄さんの壮絶な過去も、全てに圧倒されました。戦争を知らない私だからこそ、このことを後世に伝えていかなくてはいけない」と真っ直ぐに前を見つめる。

 ○…現在は書籍のプロデュースなどに携わっている。「一冊書き上げたことで燃え尽きてしまった」と笑い、次回作の予定はないという。「私が戦争について向き合うことができたように、この本で多くの人が社会や歴史を見つめ直す機会になれば」と穏やかに語った。

鎌倉版の人物風土記最新6

荒賀 直子さん

市内山崎に開学する湘南鎌倉医療大学の学長に就任する

荒賀 直子さん

東京都在住 74歳

3月27日号

木村 吉貴さん

休校中の子ども向けに無料の「文章教室」を開催中のコピーライター

木村 吉貴さん

寺分在住 42歳

3月20日号

龍口 健太郎さん

日本で唯一の応援を事業とする会社「(株)令和応援団」を設立した

龍口 健太郎さん

由比ガ浜在住 26歳

3月13日号

江尻 敬さん

湘南日仏協会の会長を務める

江尻 敬さん

稲村ガ崎在住 71歳

3月6日号

長尾 宏道さん

建長寺の宗務総長に就任した

長尾 宏道さん

栃木県出身 63歳

2月28日号

浮嶋 敏さん

湘南ベルマーレのトップチーム監督としてシーズン開幕戦に臨む

浮嶋 敏さん

52歳

2月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク