鎌倉版 掲載号:2015年9月18日号 エリアトップへ

「海の駅」結ぶクルーズ船運航 腰越から江の島周遊便も

社会

掲載号:2015年9月18日号

  • LINE
  • hatena
使用されるクルーズ船
使用されるクルーズ船

 腰越漁港のほか逗子市、葉山町などの「海の駅」をクルーズ船で結び、県内の海の魅力をPRしようというイベントが、9月27日(日)に開催される。神奈川県が進める観光客誘致の取り組みの一環。腰越漁港ではこの日、「みなとまつり」も開催されるため、関係者は「この機会に多くの人に足を運んでもらいたい」と期待を寄せている。

 「三浦半島『海の駅』巡り」と銘打ったこのイベント。「海の駅」や漁港をクルージングすることで、同エリアの観光資源を多くの人にPRすることを目指す。

 県が海の魅力発信と観光客誘致を目的に進めている「かながわシープロジェクト」の一環で、国の交付金を利用して初めて開催される。主催は県や観光事業者で組織する実行委員会。

 当日は、はやま港海の駅を発着する「葉山周遊クルーズ」(午前8時30分から9時15分、定員50人、500円)、しょうなん・逗子マリーナ海の駅と腰越漁港を往復する「逗子・腰越クルーズ」(午前10時逗子発、同45分腰越着、午後0時15分腰越発、1時逗子着、定員50人、1千円)、しょうなん・逗子マリーナ海の駅を発着する「逗子サンセットクルーズ」(午後4時50分発、5時40分着、定員50人、1千円)のほか、腰越漁港では、同漁港を出発し江の島沖を約45分かけて周遊する「腰越・江の島沖周遊クルーズ」が行われる。時間は午前11時、午後2時、3時の3回。定員は各回50人で料金は500円。全て当日申し込み。

 県横須賀三浦地域県政総合センターでは「今回の結果を検証しながら、定期便の運航なども検討していきたい」としている。問い合わせは同センター【電話】046・823・0278へ。

みなとまつり同日開催

 また腰越漁港では同日、「腰越漁協みなとまつり」が開催される。午前9時から午後4時まで。小雨決行、荒天中止。

 当日は朝獲れたばかりの魚介類の販売、飲食等の出店、稚魚の放流(午前10時受付開始、11時出船、先着120人、参加無料)、地元小中高校生などが出演するステージイベント、船釣り体験(正午受付開始、午後1時出船、先着100人、大人500円、子ども300円)などが行われる。問い合わせは同実行委員会【携帯電話】090・6706・5303へ。

鎌倉版のトップニュース最新6

本庁舎開庁「2028年度に」

本庁舎開庁「2028年度に」 政治

市が基本構想を策定

8月23日号

稲村ガ崎の歩道80cm沈下

稲村ガ崎の歩道80cm沈下 社会

交通規制長期化も

8月23日号

「鎌倉彫製作70年の集大成に」

「鎌倉彫製作70年の集大成に」 文化

小園博さん初の作品集が完成

8月16日号

「鎌倉を古典研究の拠点に」

「鎌倉を古典研究の拠点に」 文化

市が「仙覚文庫」設立へ

8月9日号

「灯かり」で彩る長谷の夜

「灯かり」で彩る長谷の夜 文化

19日からライトアップ

8月9日号

「迷わず山歩き楽しんで」

「迷わず山歩き楽しんで」 文化

市民団体が案内板設置

8月2日号

3件が国登録文化財へ

3件が国登録文化財へ 文化

文化審議会が国に答申

8月2日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク