鎌倉版 掲載号:2015年12月11日号 エリアトップへ

特殊詐欺 被害額・件数が大幅減 金融機関との連携奏功

社会

掲載号:2015年12月11日号

  • LINE
  • hatena

 11月末までに発生したオレオレ詐欺に代表される「特殊詐欺」の被害が件数、額ともに昨年比大幅減となっている。大船・鎌倉両警察署は金融機関との連携強化や、被害防止対策が浸透した結果とみるが、「詐欺の手口を知っていても、被害にあう人が多い」と被害ゼロ達成にはなお一層の対策が必要とする。両署では「騙されたふり作戦」で検挙による抑止にも力を入れるほか、マイナンバーに関連した不審な電話などについても注意を呼び掛ける。

 今年1月から11月末までに鎌倉市内で発生したオレオレ詐欺・架空請求・還付金詐欺などの「特殊詐欺事件」の被害は11件、約4070万円だった。昨年1年間の発生件数35件、被害額約1億390万円と比べ、大幅な減少となっている。

 大船警察署生活安全課の佐々木雅敏さんは「金融機関との協力体制強化や被害防止策の浸透が実を結んできた結果では」とその要因を話す。

「オレオレ」が大半占める

 特殊詐欺被害の大半を占めるのは「オレオレ詐欺」だ。最近は金融機関が対策を強化しているため、詐欺グループは口座振り込みを嫌い手渡しを要求する傾向にあるという。

 その手口は巧妙化しており、警察をかたって個人情報を聞き出したり、「弁護士から書類は届いているか」といった「前兆電話」についての報告が増えているという。

 ただ、佐々木さんは「手口が多様化しても、最後は必ず電話でお金を請求してくる。犯人は声を録音されることを嫌うので、日頃から留守番電話に設定するなどして対策を」と呼びかける。

 こうした対策の周知とともに警察が力を入れているのが現金の受け取り役である「受け子」の検挙だ。詐欺が疑われる多額の引き出しで金融機関などから通報があった際に、警察が本人に確認。詐欺と判断すると本人の協力を得たうえで「騙されたふり作戦」を行っている。

 鎌倉警察署生活安全課の井上和彦さんは「今年10月に管内で前兆電話が急増したが、1件検挙した後はパタッと無くなった。詐欺グループ間で『鎌倉で捕まった』と情報が流れたのでしょう。抑止効果が高いので、検挙にも全力をあげている」と話している。

 また10月から郵送が始まったマイナンバーについても「公的機関の職員が番号の聞き出しをすることは絶対にない。安易に他人に知らせないようにして」と注意を呼びかける。

鎌倉版のトップニュース最新6

瀬戸たまさんが日本一

瀬戸たまさんが日本一 スポーツ

太極拳ジュニア大会で

5月13日号

文学館、来年4月から休館

文学館、来年4月から休館 政治

大規模改修で2年間

5月13日号

瑞泉寺住職が短歌「迢空賞」

瑞泉寺住職が短歌「迢空賞」 文化

過去に俵万智さんら受賞

5月6日号

3年ぶりに通常開催

大船まつり

3年ぶりに通常開催 文化

名物の「仮装」はなし

5月6日号

子ども大学が10周年

子ども大学が10周年 教育

研究者や地元企業が講師

4月29日号

増える自習スペース

増える自習スペース 社会

腰越、大船開設で2→4に

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook