鎌倉版 掲載号:2015年12月18日号 エリアトップへ

「防犯意識の向上」訴える 市民団体代表が講演

社会

掲載号:2015年12月18日号

  • LINE
  • hatena
写真を用いて講演する大津さん
写真を用いて講演する大津さん

 市内で活躍するNPOから生活に密着した問題を学ぼうと、鎌倉市市民活動センター運営会議が「NPO鎌倉講座」を開催している。12月5日には「鎌倉で犯罪に遭わない3つのポイント」と題して、防犯ボランティア団体「鎌倉ガーディアンズ」の代表を務める大津定博さんが、同センター2階で講演を行った。

 2009年に結成された同団体。各種イベントの警備やパトロールのほか、家具転倒を防止する「防災突っ張り棒」の普及促進、市民の防犯意識向上にむけた活動などを行っている。

 当日は約20人が参加。大津さんは「『高齢者・高所得者・安全慣れ』という3つの要素が揃っている鎌倉は、犯罪グループにとって格好の標的となっている」と指摘し、市内で発生した事例や犯罪に合わないためのポイントを解説した。

百円で空き巣対策

 「最近、不審な無言電話がかかってきた人は手を挙げて」と大津さんが言うと、参加者の半数が挙手した。「空き巣を企むグループがターゲット地域に無言電話をかけ、外出している時間や、どんな人が住んでいるかなどを情報収集している可能性が高い。注意してください」と呼びかけた。

 具体的な対策として100円ショップで購入できる防犯フィルムを披露。少しでも侵入に時間がかかれば空き巣犯は諦めるという心理を踏まえ、「完璧でなくても、防犯意識があると犯人たちに示すことで大きな違いが生まれる」とした。

 主催した鎌倉市市民活動センター運営会議の渡邉公子理事長は「地域の安心安全のために活動を続けている鎌倉ガーディアンズは市民活動の鏡。これからも頑張ってほしい」と話した。

 参加した腰越在住の女性は「被害に遭わないよう、今日学んだことを活かしたい」と感想を話した。

鎌倉版のローカルニュース最新6

大河・時代考証者が語る

大河・時代考証者が語る 教育

 11日 坂井孝一さん講演

1月21日号

詐欺未然に防ぎ感謝状

詐欺未然に防ぎ感謝状 社会

 ファミマ大船駅前店

1月21日号

「防災標語」の締切迫る

鎌倉大船ロータリー

「防災標語」の締切迫る 教育

小・中学生から作品募集中

1月21日号

サーカス団員ら大仏訪問

サーカス団員ら大仏訪問 社会

 「日本文化は面白い」

1月21日号

ARで義時の法華堂再現

ARで義時の法華堂再現 文化

現地では疑似体験も

1月21日号

俳句・川柳作品を募集

俳句・川柳作品を募集 文化

みらいふる鎌倉広報紙

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook