鎌倉版 掲載号:2015年12月18日号 エリアトップへ

新春の風情味わう 鏑木清方記念美術館

文化

掲載号:2015年12月18日号

  • LINE
  • hatena
初夢(淸方畫譜の―)『講談雑誌』口絵 大正5年(1916)博文館 同館蔵
初夢(淸方畫譜の―)『講談雑誌』口絵 大正5年(1916)博文館 同館蔵

 「新春の風情と羽子板展」が来年1月17日(日)まで、鏑木清方記念美術館で開催されている。午前9時から午後5時(入館は4時30分)まで。観覧料一般200円、小中学生100円。休館日は毎週月曜日と12月29日(火)〜翌1月3日(日)、1月12日(火)。(1月4日(月)と11日(月・祝)は開館)

 江戸の生活習慣が色濃く残る明治のはじめに生まれ、正月行事を弟子らとともに楽しんでいた清方。新春の風情を伝える作品のほか、押絵師・永井周山が清方作品を意匠化した押絵羽子板が展示される。また展示解説が12月26日、1月9日の土曜日、午後1時30分から行われる。

 問い合わせは【電話】0467・23・6405同館へ。

鎌倉版のローカルニュース最新6

バレエ映画上映・展示

LINEで子育て相談

LINEで子育て相談 社会

事前予約制で実施

1月8日号

女性のための健康相談

女性のための健康相談 社会

21日のほか、電話でも

1月8日号

累計で338人に急増

新型コロナ市内染者

累計で338人に急増 社会

1月8日号

小松亮太カルテット

小松亮太カルテット 文化

タンゴスペシャルコンサート

1月1日号

「魅力あるロータリークラブへ」

鎌倉大船ロータリークラブ×タウンニュース新春企画

「魅力あるロータリークラブへ」 社会

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク