鎌倉版 エリアトップへ

2016年1月の記事一覧

  • 1355人が新たな門出

    1355人が新たな門出 社会

    1月11日 成人のつどい

     今年の新成人1355人の門出を祝う「成人のつどい」が1月11日(月・祝)、鎌倉芸術館で行われる。準備を進めてきた「成人のつどい実行委員会」は「参加した人にとっ...(続きを読む)

    1月8日号

  • 戸別収集「全市実施」困難に

    戸別収集「全市実施」困難に 政治

    モデル事業2月末で中止

     鎌倉市が昨年10月に発表した「2018年10月までに燃やすごみの戸別収集を全市で実施する」という方針が、暗礁に乗り上げている。戸別収集のモデル事業が行われてい...(続きを読む)

    1月8日号

  • 内海 勉さん

    山崎北野神社の管理を行う「山崎共有会」の代表を務める

    内海 勉さん

    山崎在住 75歳

    「末永く親しまれる神社に」 ○…山崎地域の鎮守として親しまれている山崎北野神社。ここの管理や整備を担う「山崎共有会」の代表...(続きを読む)

    1月8日号

  • 北野神社の鳥居装い新たに

    北野神社の鳥居装い新たに 文化

    地元住民らが建て替え

     市内山崎にある山崎北野神社で、このほど鳥居の建て替えが行われた。同神社の管理や整備を担っている「山崎共有会」(内海勉代表=人物風土記で紹介)が実施した。...(続きを読む)

    1月8日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    1月8日0:00更新

     今回、成人のつどい実行委員会から話を聞いて、自分が式典に参加した8年前を思い出しました。久し振りに会った中学の友人らとの話に熱中しすぎて江ノ電に乗り遅れ、高校...(続きを読む)

    1月8日号

  • どう変わる新税制、景気動向を先取り

    どう変わる新税制、景気動向を先取り

    税理士とCFPファイナンシャルプランナーが分かりやすく講演

     税制は今転換期を迎えている。国が歳入を増やす目的で次々に施策を打ち出すためだ。積水ハウスでは平成28年度新税制の情報を先取りし、新春セミナーを開催。...(続きを読む)

    1月1日号

  • トータルな相続対策を提案

    (株)日向建設

    トータルな相続対策を提案

    地元企業ならではの万全対応

     「昨年1月の税制改正により『我が家も相続の対象になるのでは』と心配になって相談に来る方が増えています」。こう話すのは、本紙コラム「住まいの知恵」でおなじみ、(...(続きを読む)

    1月1日号

  • 鎌倉の街を作っていく

    鎌倉の街を作っていく

    (有)安齊工務店 安齊 輝信さん

     鎌倉で創業し、今年90周年を迎える市内坂ノ下の(有)安齊工務店。 総合建設・設計・施工を請け負う同社は一般住宅や鉄骨ビル建設、市内の寺...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「愛犬との暮らし」考えた庭

    「愛犬との暮らし」考えた庭

    (株)ふうか 岩崎達也社長・岸本幸子さん

     「(株)ふうか」は、外構・造園のデザインを専門に手がける会社。入念な打ち合わせをもとに、依頼主一人ひとりの希望やライフスタイルに合わせたオリジナルな庭造りを提...(続きを読む)

    1月1日号

  • 新年行事・護摩祈願のご案内

    市内手広青蓮寺

    新年行事・護摩祈願のご案内

    初大師や鎖大師のご開帳も

     市内手広の「鎖大師・青蓮寺」では今年も、地域の人々とともに年始の護摩祈願など、各行事を執り行う。  1月21日(木)の...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「噛む力維持」で認知症予防

    歯科

    「噛む力維持」で認知症予防

    自分に合った入れ歯選びが大切

     ホームセンターコーナン鎌倉大船店近くにあるバラのマークが目印の「わたなべ歯科医院」。歯と記憶力の関係について、渡邉達也院長に話を聞いた。...(続きを読む)

    1月1日号

  • 医療・介護など一括で相談受付

    医療・介護など一括で相談受付 社会

    地域包括支援センター

     団塊世代が75歳以上になる2025年に向け、国や自治体が取り組んでいる「地域包括ケアシステム」の構築。その中核を担うのが地域包括支援センターだ。鎌倉市では、2...(続きを読む)

    1月1日号

  • 一時金なしで負担も軽く

    高齢者介護

    一時金なしで負担も軽く

    「地域密着型」で独自のケア

     緑が溢れ、間近に鎌倉湖(散在が池)を望む市内今泉に、高齢者ケアの拠点「鎌倉乃えん」はある。  同施設は、地域密着型有料...(続きを読む)

    1月1日号

  • 身近な「土地の専門家」として

    身近な「土地の専門家」として

    次世代への希望を胸に

     土地家屋調査士とは、土地の境界(筆界)を特定できる唯一の職業で、土地や建物の測量に加え法律上の登記手続きも行う国家資格。神奈川県土地家屋調査士会湘南第一支部の...(続きを読む)

    1月1日号

  • 渡邊 智治さん

    鎌倉青年会議所の新理事長に就任した

    渡邊 智治さん

    今泉台在住 38歳

    地域活性へ「挑戦」続ける ○…「新たなる挑戦」。40歳までの若手経済人の団体である鎌倉青年会議所(JC)の理事長就任にあた...(続きを読む)

    1月1日号

  • いつまでも明るく元気に

    いつまでも明るく元気に 社会

    市「健康増進計画」を策定中

     鎌倉市の高齢化率が2015年9月30日の時点で30%の大台を超え、30・08%となった。鎌倉市はこうした状況を踏まえ、「健康寿命」をキーワードに「健...(続きを読む)

    1月1日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    1月1日0:00更新

     鎌倉に来て4年目。まだまだ知らないことだらけですが「鎌倉マスター」目指し色々なことにアンテナを張っていこうと思います。個人的には応援する某アイドルのアルバム&...(続きを読む)

    1月1日号

  • 3月末の竣工へ工事順調

    鶴岡八幡宮段葛改修

    3月末の竣工へ工事順調 文化

    中央横断路年末に開通

     2014年11月から改修工事が進められている鶴岡八幡宮の参道・段葛。中央横断路が昨年12月25日に開通するなど、3月末に予定している完成に向けて、工事は順調に...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「危機意識欠けていた」

    新春市長インタビュー

    「危機意識欠けていた」 政治

    不適切事務問題を謝罪

     タウンニュース鎌倉編集室では、2016年の年頭にあたり市長インタビューを行った。このなかで松尾崇市長は、9月議会で不適切な事務処理が次々と明らかにな...(続きを読む)

    1月1日号

本郷台ほうさい殿ご葬儀個別相談

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

https://www.sougi-itabashi.co.jp/new/hongoudai_open.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク