鎌倉版 掲載号:2016年2月19日号 エリアトップへ

結成30周年を迎えた植木リトゥル・エコー・アンサンブルを指導する 勝田 新さん 山ノ内在住 61歳

掲載号:2016年2月19日号

  • LINE
  • hatena

自由な音色が子どもを変える

 ○…植木小学校在任中に結成したジャズバンド「植木リトゥル・エコー・アンサンブル」の指導を30年にわたって続けている。小学生だけで編成されるバンドは全国的にも珍しく、地域のイベントのみならずプロとも共演するなど、大人顔負けの演奏で知られる。3月5日には鎌倉芸術館で記念コンサートが予定されており、OB・OG30人と特別編成での演奏も行う。これまで同バンドを卒業したのは約350人にのぼり、なかには親子も。「新旧リトゥルによる演奏を、多くの人に聴いてほしい」と意気込みを語る。

 ○…鎌倉生まれ鎌倉育ち。大学で教鞭をとっていた父の影響で、中学生のころから教師という職業を意識し始めた。同時期にサックスを始め、主にクラシック音楽を演奏。大学で教育学部へ進み、教員免許を取得した。初めて着任した今泉小学校で、ジャズ好きの同僚とともに児童を巻き込んだバンドを結成。「本格的にジャズに触れたのは初めてだったが、この時に自由な雰囲気の音楽に共鳴する子どもたちの姿を目の当たりにした」という。

 ○…次に赴任した植木小学校で「植木リトゥル・エコー・アンサンブル」を結成。「当初はパートごとに楽器が一つしかなかった時期もありました」と振り返る。同校を離れた後も指導を続け、土曜日の練習は30年間、1日も休んだことはないという。その原動力は、子どもの成長に触れられること。「ジャズはノリやアドリブを重視する音楽。演奏しているうちに、普段の生活での積極性や自主性にもつながっていくんです」と語る。

 ○…昨年3月、御成小学校の教頭を最後に定年を迎えた。現在は拠点校指導教員を務め、市内の小学校に着任したばかりの「新人先生」をサポートしている。現役時代と変わらない多忙な毎日を過ごしているが、「今は週2回の練習に参加できるので嬉しい。40年、50年と続けていきたいですね」と笑顔で語った。

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク