鎌倉版 掲載号:2016年2月19日号 エリアトップへ

「いってらっしゃい」響く通学路 見守り活動6年 手広の江藤さん

社会

掲載号:2016年2月19日号

  • LINE
  • hatena
子どもと目線を合わせてコミュニケーションする江藤さん
子どもと目線を合わせてコミュニケーションする江藤さん

 「いってらっしゃい、気を付けてね」。子どもたちで賑わう朝の通学路に声が響く。鎌倉消防署深沢出張所近くの交差点に毎朝欠かさず立っているのは、手広在住の江藤健夫さん(76)。6年前から、西鎌倉小学校へ通学する児童の見守り活動を行っている。

 きっかけは、町内会のどんど焼きの際に仲間と「防犯や安全に効果がある児童の見守り活動」について話をしたことだった。「故郷の北九州では大人がよく通学路を見てくれていたので、安心して登校できた。子どもにとって身近な大人が手広にも必要なんじゃないか」。そんな思いから、同居する3人の孫の1人が小学校に入学する2010年4月に見守り活動を開始。町内の通学路で、信号機がなく車両の通行が多い交差点をその場所に選んだ。

 以来、雨の日も風の日も真っ白なジャンバーを身に着け、交差点に立ち続ける。次第に子どもたちから「江藤さん」と名前で呼ばれるようになり、中学生や高校生、通勤途中の大人からも挨拶されるようになった。「元気がない子には積極的に声をかける。名前を呼ぶと喜んでもらえるので、名前を教えてくれた子は手帳にメモして覚えるようにしている」とコミュニケーションのコツを話す。

 「転校する小学2年生の女の子から『ありがとうございました』と手紙をもらったことがあって、うれしかった。そんな子どもたちの明るさが、自分自身も元気でいよう、という力になっている」と江藤さん。活動を始めた時はまだ小さかった孫は今春卒業するが、一番下の孫はまだ1年生だ。「できるだけ長く、子どもたちのために頑張っていきたい」と快活に語った。

鎌倉版のローカルニュース最新6

バレエ映画上映・展示

LINEで子育て相談

LINEで子育て相談 社会

事前予約制で実施

1月8日号

女性のための健康相談

女性のための健康相談 社会

21日のほか、電話でも

1月8日号

累計で338人に急増

新型コロナ市内染者

累計で338人に急増 社会

1月8日号

小松亮太カルテット

小松亮太カルテット 文化

タンゴスペシャルコンサート

1月1日号

「魅力あるロータリークラブへ」

鎌倉大船ロータリークラブ×タウンニュース新春企画

「魅力あるロータリークラブへ」 社会

1月1日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク