鎌倉版 掲載号:2016年3月25日号 エリアトップへ

北鎌倉駅裏トンネル 保存求め運動活発化 市「開削方針変わりない」

社会

掲載号:2016年3月25日号

  • LINE
  • hatena
市民団体が提案した応急案
市民団体が提案した応急案

 昨年8月に開削方針が決定したJR北鎌倉駅そばのトンネルをめぐって、保存を求める地域住民らによる運動が活発になっている。市が当初、3月中の工事着手を目指していたためで、市民団体が「安全対策の再検討」を求める要望書を市に提出したほか、北鎌倉で活動するNPOも安全と保存を両立する応急対策を提案。工事差し止めを求める訴訟も始まった。

 このトンネルは「岩が剥落し危険」として安全対策が話し合われてきた結果、松尾崇市長が昨年8月、開削工事を実施すると発表した。今年1月には事業者が決定。市は「3月中旬に着手し7月中旬までの竣工を目指したい」としていた。

 これを受けて、保存運動を主導してきた「北鎌倉緑の洞門を守る会」(北鎌倉史跡研究会)は3月11日、NPOセンター鎌倉で会合を開いた。前半ではトンネルが掘られた岩塊について、市が「横須賀線開通の際に大規模に壊されている」ことを挙げて史跡としての価値が低いとしていることに対し、1882(明治15)年に作成された地図などをもとに「岩塊は壊されていない」と反論した。

 その後は同会が2月に提出した住民監査請求について弁護士が解説。「事実を協議する場を設け、保存・安全対策の再検討を求める」要望書を採択し、3月14日、市に提出した。

 また同じく3月14日には、北鎌倉まちづくり協議会(守屋弓男代表幹事)が「利用者の安全確保と景観・史跡の保存はどちらも尊重されるべき」として、ライナープレートと呼ばれる鋼板で洞内を補強する応急対策を市に提案した。

 同会では「工費が安価なうえ、トンネル地肌に手を付けることなく安全対策が実施できる」としており、施工後は監視モニターの設置などによる落石調査の継続も提案している。

 さらに開削工事の差し止めを求めて市民22人が横浜地裁に起こした裁判の第1回口頭弁論が3月23日に行われ、原告3人が意見陳述した。第2回口頭弁論は6月1日(水)に開催される。

 市道路課は3月27日(日)午後2時から、山ノ内公会堂で住民説明会を予定しており「安全対策に開削が必要という考えは変わらない。住民の皆さんにきちんと説明していきたい」とし、工事着手の時期を「4月4日以降に」とした。

鎌倉版のトップニュース最新6

国重文・有形文化財に4件

国重文・有形文化財に4件 文化

正伝庵所蔵の木像など

3月27日号

4月1日一部通行再開へ

葛原岡・大仏ハイキングコース

4月1日一部通行再開へ 社会

台風被害から約半年ぶり

3月27日号

材木座交番 来年3月で廃止

材木座交番 来年3月で廃止 社会

県警の統廃合計画で

3月20日号

鎌倉走る4人を決定

聖火リレー県実行委

鎌倉走る4人を決定 文化

バレエの上野水香さんら

3月20日号

ふるさと納税で事業者支援

ふるさと納税で事業者支援 社会

コロナ影響の外食店などPR

3月13日号

子ども服難民キャンプに

小坂小4年生

子ども服難民キャンプに 教育

パレスチナ問題学び支援活動

3月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク