鎌倉版 掲載号:2016年3月25日号 エリアトップへ

第4回FACE展2016で優秀賞を受賞した 三鑰 彩音さん 材木座出身 28歳

掲載号:2016年3月25日号

  • LINE
  • hatena

「自分の表現突き詰めたい」

 ○…新進画家の登竜門として知られる第4回FACE展2016で優秀賞を受賞した。作品名は『曖昧』。自画像をモチーフに、感情の揺らぎを表現した。現在は多摩美術大学大学院の1年生で、これまでも積極的に個展の開催やコンクールへの応募を続けてきた。同コンクールへは3度目の挑戦。「おばとの旅行中に受賞の知らせを聞いて。驚きと嬉しさで一杯でした」と笑顔で振り返る。

 ○…材木座出身。中学・高校時代はバスケに打ち込むスポーツ少女。アートの道に進む転機となったのは将来のことを考え始めた高校3年生の時だった。「母が美容師だったのでその道も考えたが同じは嫌だった。モノ作りが好きだったから美大に行こうと思った」と一念発起。ある日、学校が終わるとその足で美大受験学校を訪問し、家に帰り両親に直談判したという「思い立ったら行動派」だ。

 ○…美大受験にあたっては日本画を選択。しかし、ゼロからのスタートで5浪の末に現在の大学に入学した。それでも、その間にアルバイトや1人旅など、多くの経験を積んだことが今に生きているという。「ひとつのことにのめり込み、力を入れすぎる自分の性格を客観視することができた。得意なことを伸ばしていけばいいんだと学んだ」。予備校最後の1年間の学費はアルバイトで捻出したことも自信につながった。

 ○…絵具や、キャンバスとなる和紙、麻紙の話になると熱がこもる。「大和絵が日本画と呼ばれるようになったのは、ここ100年くらいのこと。枠にとらわれず、鉱物や虫など、自然のものからできる日本独自の画材を使った表現を追求したい」と自分の中の軸は確立したようだ。現在は修了制作と展示の準備に奔走中。卒業後については「まだわかりません」としながら、「日本の画材の魅力を海外の人に伝えたい。これからも何らかの形で絵に関わっていきます」と凛とした表情で前を見つめた。

鎌倉版の人物風土記最新6

荒賀 直子さん

市内山崎に開学する湘南鎌倉医療大学の学長に就任する

荒賀 直子さん

東京都在住 74歳

3月27日号

木村 吉貴さん

休校中の子ども向けに無料の「文章教室」を開催中のコピーライター

木村 吉貴さん

寺分在住 42歳

3月20日号

龍口 健太郎さん

日本で唯一の応援を事業とする会社「(株)令和応援団」を設立した

龍口 健太郎さん

由比ガ浜在住 26歳

3月13日号

江尻 敬さん

湘南日仏協会の会長を務める

江尻 敬さん

稲村ガ崎在住 71歳

3月6日号

長尾 宏道さん

建長寺の宗務総長に就任した

長尾 宏道さん

栃木県出身 63歳

2月28日号

浮嶋 敏さん

湘南ベルマーレのトップチーム監督としてシーズン開幕戦に臨む

浮嶋 敏さん

52歳

2月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク