鎌倉版 掲載号:2016年5月20日号 エリアトップへ

鎌倉カーニバルの実行委員長を務める 大森 道明さん 材木座在住 65歳

掲載号:2016年5月20日号

  • LINE
  • hatena

「かつての賑わい復活を」

 ○…5月22日(日)に開催される第1回鎌倉市民カーニバルの実行委員長を務める。当日は「鎌倉の歴史と文化」をテーマに仮装パレードが行われ、かつて「日本の夏の風物詩」とまで言われた「鎌倉カーニバル」の賑わい復活を目指す。「今回が初めてなので、無我夢中で準備しているところ。多くの方に楽しんでいただけるイベントになれば」と意気込みを語る。

 ○…鎌倉生まれ鎌倉育ち。実家は材木座で土産物を扱う商店で、小さいころは自然の中で遊び回った。「当時はまだ家も数えるほど。遊ぶと言ったら海か山で、のどかな場所でした」と振り返る。鎌倉学園中学校へ進学すると、剣道にのめり込んだ。中学時代は毎年のように関東大会へ出場。高校3年の時には主将を務め、団体戦でインターハイ2位という成績を残した。「厳しい練習で自分自身を奮い立たせる克己心のようなものを学んだ。商売をやるようになって困難を迎えたときも、この時の経験があったから乗り越えられた」と得たものは大きかったようだ。

 ○…大学卒業後、22歳で父の会社へ入社。「創業当時は羊羹のみだった」という取扱商品も時代の流れに合わせ開発。なかでも地元産のしらすを使用した「湘南しらすせんべい」は3年前、全国推奨観光土産品審査会で日本商工会議所会頭賞を受賞した。

 ○…1973年、大町の八雲神社の神輿復活に携わったのが、街づくりの原体験だ。「若い時から地域を盛り上げようという先輩たちの心意気にふれて、多くのことを学んだ」という。かつての鎌倉カーニバルの記憶はほとんどないが、段葛で狩装束に身を包み武者行列に参加する若き日の父の写真を見たことがあるという。「市内外から人が訪れ、相当な賑わいだったと聞いている。今回のカーニバルをきっかけに、ゆくゆくは鎌倉が一つになるような『まつり』を作っていければ」と笑顔で話した。

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク