鎌倉版 掲載号:2016年6月3日号 エリアトップへ

稲村ガ崎下水管破損 仮設管増設、放流止まる 本復旧は依然見通せず

社会

掲載号:2016年6月3日号

  • LINE
  • hatena
4本になった仮設送水管
4本になった仮設送水管

 市内稲村ガ崎で下水圧送管が破損し、海への下水放流が続いていた問題で市は5月27日、仮設送水管の増設が完了し、放流を止めたと発表した。

イベントに影響も

 この問題は4月14日に稲村ガ崎の崖の一部が崩落し、国道134号線沿いの歩道が陥没したことに端を発する。22日に歩道下に埋設されている下水圧送管の破損と下水の漏水が確認され、市は緊急措置として坂ノ下のポンプ場から七里ガ浜処理場へ送られる市内南部の約1万7千世帯分(1日約2万2千立方メートル)の下水を消毒したうえで海に放流した。

 29日に2本の仮設送水管を設置したものの、全量を処理場に送水することはできず、推計で1日約1万立方メートルの放流が続いてきたが今回、既存のものより太い管を2本増設。ポンプ場の切替工事も完了し、海への放流を止めた。

 漏水の確認から約1カ月。この間に、市は該当する世帯に節水を呼びかけたほか、海岸に看板を設置し、海への入水を控えるよう呼び掛けを行ってきた。

 水質調査では5月18日以降、基準値を超える値は出ていないものの、21日、22日に由比ヶ浜海岸で開催された「鎌倉ビーチフェスタ」では、主催する鎌倉商工会議所が「参加者の健康に配慮」し、カヌーやサーフィンといったマリンスポーツ体験を中止するなどの影響が出ていた。

 また、海産物への影響を心配する声を受けて、鎌倉漁業協同組合は漁獲物の細菌検査を23日に実施。27日に生シラス、メバル、サザエ、タコ全ての数値に問題がなかったと発表した。

 今後は本復旧を目指すことになるが、圧送管破損との関連が疑われる崖の調査のめどが立っていないため、時間がかかるとみられる。市は「現在、関係機関と協議を進めているところ。できるだけ早く調査に取り掛かりたい」と話している。

      (6月1日起稿)

鎌倉版のトップニュース最新6

宝飾美術館計画が頓挫

野村総合研究所跡地

宝飾美術館計画が頓挫 社会

事業者が辞退届提出

3月5日号

震災10年東北思う1日に

震災10年東北思う1日に 社会

7日、オンラインイベント

3月5日号

渋滞解消アプリを提案

渋滞解消アプリを提案 社会

樋口さん兄弟が最終審査へ

2月26日号

1週間で10人増

新型コロナ市内陽性者

1週間で10人増 社会

累計582人に

2月26日号

一般会計は前年比29億円減

2021年度当初予算案

一般会計は前年比29億円減 政治

コロナ対策と将来施策を両立

2月19日号

「累計5万件」の安心をお届け

施工件数でわかる”信頼の証” 給湯器節水トイレ

「累計5万件」の安心をお届け 社会

急な故障の前にご相談を

2月19日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク