鎌倉版 掲載号:2016年6月17日号 エリアトップへ

萩市老連 松陰ゆかりの寺に植樹 「みらいふる」との交流記念

社会

掲載号:2016年6月17日号

  • LINE
  • hatena
ツバキを植樹する奴田会長(右)と岡会長(中央)
ツバキを植樹する奴田会長(右)と岡会長(中央)

 姉妹都市の山口県萩市の老人クラブ連合会がこのほど、2日間にわたって鎌倉市を訪問し、みらいふる鎌倉(鎌倉市老人クラブ連合会)の会員らと交流した。その記念として同地出身の吉田松陰にゆかりがある瑞泉寺で、同市の花「ツバキ」の植樹も行われた。関係者は「これからも長い付き合いを続けていければ」と話している。

 交流したのは萩市老人クラブ連合会(岡政夫会長)とみらいふる鎌倉(奴田不二夫会長)の会員ら。

 萩市老連が鎌倉を訪問するのは今回が初めて。約30人の会員は6月7日に鎌倉に到着し、萩出身で幕末の思想家、吉田松陰が滞在したという逸話が残る瑞泉寺を訪れた。

 両会の会員らは萩市の花であるツバキを植樹。同寺正門近くにある吉田松陰碑の横に「萩小町」を、中庭に「深草の少将」をそれぞれ植えた。

 その後は同寺の大下一真住職が講演し「母方の伯父にあたる竹院和尚が住職を務めていたので、訪れたようだ」と同寺と松陰の関係を説明。所有する書など4点も公開し、会員らは興味深そうに眺めていた。

 植樹後は鶴岡八幡宮周辺を観光した後、鎌倉プリンスホテルで野村興兒萩市長、松尾崇市長らも出席した交流会が開催された。

 岡会長は「松陰先生ゆかりの地に植樹ができて良かった。これからも互いに助け合っていければ」と話し、奴田会長は「萩市の皆さんに鎌倉を案内できてよかった。学ぶことも多く、とても有意義な時間だった」と語った。

 両クラブは2010年に交流をスタート。この年にみらいふる鎌倉の会員が萩市を訪問し、鎌倉発祥の玉縄桜などを植樹した。その後、14年にもみらいふる会員が萩市を訪問していた。

松陰などの書を紹介する大下住職
松陰などの書を紹介する大下住職

鎌倉版のトップニュース最新6

宝飾美術館計画が頓挫

野村総合研究所跡地

宝飾美術館計画が頓挫 社会

事業者が辞退届提出

3月5日号

震災10年東北思う1日に

震災10年東北思う1日に 社会

7日、オンラインイベント

3月5日号

渋滞解消アプリを提案

渋滞解消アプリを提案 社会

樋口さん兄弟が最終審査へ

2月26日号

1週間で10人増

新型コロナ市内陽性者

1週間で10人増 社会

累計582人に

2月26日号

一般会計は前年比29億円減

2021年度当初予算案

一般会計は前年比29億円減 政治

コロナ対策と将来施策を両立

2月19日号

「累計5万件」の安心をお届け

施工件数でわかる”信頼の証” 給湯器節水トイレ

「累計5万件」の安心をお届け 社会

急な故障の前にご相談を

2月19日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク