鎌倉版 掲載号:2016年6月17日号 エリアトップへ

寄稿【2】 熊本地震の被災地から  鎌倉ガーディアンズ代表 大津定博

社会

掲載号:2016年6月17日号

  • LINE
  • hatena
ボランティアへの感謝の言葉も
ボランティアへの感謝の言葉も

 ゴールデンウイーク中の5月3日〜5日、熊本へと向かいました。

 市内の繁華街に近い中心部では、九州を中心に訪れたボランティアを受け入れる「熊本市災害ボランティアセンター」を開設されていました。運営主体は社会福祉協議会ですが、大学生がキビキビと働いていて、医師や警察官が控えているのも確認できました。

 ボランティアは主に家財の搬出・搬入、屋内外の清掃、避難場所の運営などを担いますが、参加者は活動の前に「被災地ボランティア10か条」を読み上げます。これがすばらしい内容でした(左表)。

 これまで東日本大震災の被災地などにも足を運んできましたが、どこよりも整理され、秩序を保ち、システム化されていることに感心しました。運営方法など、鎌倉市でも見習える部分が多くあると思います。

 鎌倉市は、熊本地震のボランティア希望者の旅費を一部負担する制度を始めたと聞きました(編集室注=外面に関連記事)。

 鎌倉から1200キロ、行く価値は十分あると感じました。私もまた熊本に行きます。

鎌倉版のローカルニュース最新6

大船駅前のグランシップテナントが順次開店

【Web限定記事】大船駅北第二地区ビル商業ゾーン「GRAND SHIP」

大船駅前のグランシップテナントが順次開店 経済

公式ホームページが開設 春には広場の利用も開始

3月5日号

ベンチがつなぐ五輪の輪

【Web限定記事】

ベンチがつなぐ五輪の輪 教育

藤沢工科高生が製作

3月5日号

ワクチン接種控えコールセンター開設

樹木の特徴、管理方法を学ぶ

【Web限定記事】

樹木の特徴、管理方法を学ぶ 教育

鎌倉 公園サポーター養成講座「剪定」 募集中

3月5日号

鎌倉市新庁舎、現庁舎跡地を考えるワークショップ

【Web限定記事】

鎌倉市新庁舎、現庁舎跡地を考えるワークショップ 社会

オンライン開催

2月26日号

 鎌倉国宝館で特別展「ひな人形」

【Web限定記事】

 鎌倉国宝館で特別展「ひな人形」 文化

調度品類も見どころ。3月14日まで

2月26日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク