鎌倉版 掲載号:2016年7月22日号
  • LINE
  • はてぶ

鎌倉高校土井晶乃さん フェンシングで全国総体へ 「サーブル」で出場決める

スポーツ

プレー中の土井さん(上写真左側)。「攻撃が自分の長所」と話す
プレー中の土井さん(上写真左側)。「攻撃が自分の長所」と話す
 県立鎌倉高校3年の土井晶乃さん(藤沢市在住)が、7月28日から中国地方で開かれる全国高等学校総合体育大会(インターハイ)のフェンシング女子個人対抗サーブルに出場する。部員は1人しかおらず、他校や地域のクラブチームへの「出げいこ」で腕を磨いてきた土井さん。最初で最後の全国大会に向け「できるだけ多く勝ち進みたい」と意気込んでいる。

 土井さんが競技と出会ったのは中学生時代。たまたま訪れた東京・代々木体育館で大会を目にしたことがきっかけだった。「格好良くて惹きこまれた」とすぐにフェンシングコースのあった横浜のスポーツジムに通い始めた。

 受験を機にいったんは競技から離れ、高校入学後は硬式テニス部に入部したものの、「やっぱりフェンシングがやりたい」と再びジムへ足を運ぶようになった。

 大会に出場するため、学校に働きかけてたった1人でフェンシング部を創設。地域のクラブチームや設備の整った他校の練習に参加するなどして実力を上げてきた。「練習場所探しに苦労した。大人が多く所属するクラブでは技術を教わり、同世代との実戦的な練習は他校に助けられている。受け入れてくれた全ての団体に感謝しています」と土井さんは話す。

サーブル挑戦が奏功

 土井さんは2年生まで剣先で胴を突くとポイントになる「フルーレ」で大会に挑んできた。しかし昨年度の成績は県予選3位、関東大会8位など、全国にはあと一歩届かなかった。

 そこで今年度は、切り払うなどの動作で剣先が相手にふれるとポイントになる「サーブル」でも県予選に出場。見事優勝し、全国への切符をつかんだ。

 土井さんは「最初で最後のインターハイ。可能な限り上位を狙っていきたい」と語っている。

 全国総体のフェンシングは7月30日から8月1日まで、山口県岩国市総合体育館で行われる。

鎌倉版のトップニュース最新6件

住民投票条例を審議へ

市役所本庁舎移転問題

住民投票条例を審議へ

11月16日号

「御朱印」集めて商店街活性

商店街がWi-Fi環境整備

鎌倉学園陸上部「実りの秋」に躍進

研修所、稽古場として活用

旧村上邸

研修所、稽古場として活用

11月2日号

生徒会が地域マップ作成

北鎌倉女子学園

生徒会が地域マップ作成

11月2日号

11/18家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大嶋監督作品を初上映

大嶋監督作品を初上映

12月8日 川喜多映画記念館で

12月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク