鎌倉版 掲載号:2016年8月26日号 エリアトップへ

北鎌倉駅裏トンネル 坑口付近で岩石が崩落 仮設工事にも遅れ

社会

掲載号:2016年8月26日号

  • LINE
  • hatena
崩落した岩石(長嶋竜弘議員提供)
崩落した岩石(長嶋竜弘議員提供)

 JR北鎌倉駅に隣接する素掘りのトンネル付近で8月11日、岩石の崩落が発生した。けが人などはいなかった。このトンネルをめぐっては「文化財的な価値がある」とする専門家の意見を受けて、市が「出来るだけ尾根を残すかたちで安全対策を実施する」と発表したばかり。「来年1月までには」としていた仮設工事による通行開始も大幅に遅れる見通しとなった。

 崩落が発生したのは8月11日の午後4時50分頃。場所はトンネルの鎌倉側の坑口付近で、約4㎥の岩石が崩れ落ちた。けが人などはいなかった。

 原因について市は「岩盤の間のクラック(亀裂)が徐々に広がったことにより崩落に至ったと考えている」としている。

 11日以降、新たな崩落は発生していないが、亀裂等も発見されているといい、市は「まずは専門家に調査を依頼し、原因や応急対策についての意見を求めたい」としている。

 また、市は仮設の安全対策工事を実施し「遅くとも来年1月までには通行できるようにする」としていたが、改めて専門家の意見を聞く必要があるため「仮設工事が最低でも1、2カ月は遅れることになりそうだ」としている。

 掘られてから80年ほど経過しているとされるこのトンネルでは、昨年4月に「崩落の危険性がある」として市が通行止めを決定。同年8月には、岩そのものを切り崩す「開削」による安全対策の実施を決定し、市議会9月定例会で関連する予算が可決された。

 しかし文化庁の要望を受けて7月に開催された市文化財専門委員会で「トンネルが掘られた尾根には文化財的価値がある」という結論が出されことから、市は「できる限り尾根を残すかたちで安全対策を実施する」方針を明らかにしていた。
 

鎌倉版のトップニュース最新6

陽性者累計505人に

鎌倉市内新型コロナ

陽性者累計505人に 社会

1週間で78人増

1月22日号

食品の配布会、初開催

ふらっとカフェ

食品の配布会、初開催 社会

「パントリー」実現へ第一歩

1月22日号

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク