鎌倉版 掲載号:2016年9月2日号 エリアトップへ

金春流能楽師で「鎌倉薪能」の総合プロデューサーを務める 山井 綱雄さん 横浜市在住 43歳

掲載号:2016年9月2日号

  • LINE
  • hatena

伝統守るため挑戦続ける

 ◯…今年で58回目を迎える「鎌倉薪能」が10月7日、8日の2日間、鎌倉宮で開催される。関東では最も長い歴史を有する薪能として人気の舞台に、自ら出演、プロデュースも手がけている。「もともと能は神事として始まったもの。古都鎌倉の、それも鎌倉宮という神聖な場所で、伝統芸能に触れる特別な時間を楽しんでほしい」と微笑む。

 ◯…出身は横浜市。金春流能楽師だった祖父の影響で、5歳の時に初舞台を踏んだ。12歳で早くもシテ(主役)を務め「いつか祖父を越える能楽師になりたい」と決意。現在は国内外で公演を行うなど活躍を続けている。「鎌倉薪能」には学生時代から20年以上も携わっており思い入れの強い舞台の一つだ。「確かに能は平易なものではありません。しかし一度見てもらえれば、千年以上も磨かれ、受け継がれてきた日本人の心や英知を感じとれるはずです」と熱っぽく語る。同公演ではパンフレットで物語を紹介するなど、初心者にも分かりやすい工夫を随所に施している。

 ○…これまでロックやジャズなど多彩なジャンルのアーティストと共演してきた。自ら「他流試合」と呼ぶこうした取り組みを続けるのは「もっと能の可能性を追求したい」という思いから。現代劇に出演した際には、エチュードと呼ばれる即興劇を重ねて舞台を作り上げた。「無駄なものを極限までそぎ落とした能とは真逆のアプローチですが、所作一つ一つの意味をより深く、立体的に考えられるようになりました」と経験を演技に還元する。

 ○…中学時代からロックバンド「聖飢魔II」の大ファン。ボーカルのデーモン閣下さんとは仕事を通じて知り合って以降、親交を深めており「あなたは能楽の新しい扉を開く人だ」というエールを贈られた。「想像していた以上に大きく暖かい人。閣下は悪魔ですが、私にとっては神様のような存在ですね」。そういうと満面の笑顔を見せた。

鎌倉版の人物風土記最新6

廣田 善幸さん

鎌倉バレーボール協会会長でこのほど神奈川県体育功労者として表彰された

廣田 善幸さん

藤沢市在住 73歳

1月24日号

光成 佳世さん

深沢中学校の通学路「危険マップ」を発案した

光成 佳世さん

梶原在住 42歳

1月17日号

大田 裕多佳さん

県私立学校教育功労者表彰を受賞した学校法人早見芸術学園の理事長

大田 裕多佳さん

小町在勤  65歳

1月10日号

牧田 芳明さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

牧田 芳明さん

由比ガ浜在住 39歳

1月1日号

櫻井 純子さん

祖母の生き方を例に、終末期の医療福祉連携体制を考える催しを開く

櫻井 純子さん

岩瀬在住 42歳

12月20日号

飯森 範親さん

鎌倉芸術館で開催される「日本語で歌う『第九』歓喜の歌」を指揮する

飯森 範親さん

56歳

12月13日号

町田 隆彦さん

「鎌倉だいこん未来研究クラブ」の会長を務める

町田 隆彦さん

由比ガ浜在住 56歳

12月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク