鎌倉版 掲載号:2016年9月2日号 エリアトップへ

災害への備え確認 市総合防災訓練を実施

社会

掲載号:2016年9月2日号

  • LINE
  • hatena
倒壊した家屋から負傷者を救助する消防隊員
倒壊した家屋から負傷者を救助する消防隊員

 大規模地震の発生を想定した鎌倉市総合防災訓練が8月24日、山崎浄化センターで開催された。

 これは9月1日の「防災の日」を中心に、毎年行われているもの。市関係者のほか自衛隊や警察署、ライフライン事業者、自主防災組織などが参加した。

 当日は、相模トラフを震源とするマグニチュード7・9の大規模地震が発生し市内でも震度6強を観測、家屋の倒壊や多数の死傷者が発生している、との想定で訓練がスタートした。

 まず地震発生の知らせを受けて、参加者らが安全確保行動をとった後、自衛隊やバイクボランティア、アマチュア無線愛好家らによる被害情報の収集、湘南獣医師会によるペットを連れた避難、自主防災組織による土のうの製作、水道、ガス、電気などの応急復旧、市消防署員や自衛隊による倒壊した建物からの救助といった訓練が実施された。

 松尾崇市長は「最大の対策は、日ごろから地域で顔の見える関係を作っておくこと。皆さんとともに災害に強いまちづくりを進めたい」と話していた。

鎌倉版のローカルニュース最新6

グロリアの音楽講座

グロリアの音楽講座 文化

編曲の面白さを紹介

1月24日号

DJハギーさん放送6千回達成

足から健康考える

足から健康考える 社会

2月1日「湘鎌」でイベント

1月24日号

鍛錬の成果披露

鍛錬の成果披露 社会

鎌倉警察署で武道始式

1月24日号

画家12人が描く「希望」

画家12人が描く「希望」 文化

ギャラリーピクトルで展示

1月24日号

琵琶と影絵「語り舞台」

保険の請求 財団が代行

全国初

保険の請求 財団が代行 社会

実証実験 生保16社に拡大へ

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク