鎌倉版 掲載号:2016年9月30日号 エリアトップへ

アートで街おこし20年目 極楽寺・稲村ガ崎でフェス

文化

掲載号:2016年9月30日号

  • LINE
  • hatena
パンフレットを手にする佐俣さんと実行委員の勝又弘子さん
パンフレットを手にする佐俣さんと実行委員の勝又弘子さん

 市内のエリア型アートイベントの先がけとして、毎年秋に開催されている「極楽寺・稲村ガ崎アートフェスティバル」が、明日から幕を開ける。今年20回の節目を迎え、主催者は「イベントを通じて地域の結びつきも強くなった。今後もまちを盛り上げ、地域の魅力を掘り起こしていきたい」と話す。

 極楽寺・稲村ガ崎エリアの飲食店やギャラリーなどを会場に、作品の展示、ワークショップが開かれるこの催し。今年は10月1日(土)から10日(月・祝)まで開催され、同時期に江ノ電や極楽寺などでも各種イベントが実施される。

 アートフェスが始まったのは1997年。稲村ガ崎にある3つの商店が、たまたま店内にギャラリースペースを持っていたことから「何か連携して催しをやろうと、気軽に始めたのがきっかけだった」と、第1回から実行委員長を務める佐俣敏郎さんはいう。

 その後は回を重ねるごとに参加する店舗、個人が増え、20回目となる今年は約40カ所にまで拡大した。

 20年を振り返り佐俣さんは「イベントが始まると、自分も参加したいと名乗りを上げてくれる人がたくさんいた。狭いエリアだけれど個性的な店舗が多く、アーティストも多く住んでいることが分かった。1年に1回の催しに向けて準備することで、お互いに顔の見える関係になり、繋がりも深まったと思う。これからも地域の魅力を掘り起こし、まちの活性化につなげていけたら」と話す。

記念イベントも

 20周年を記念するイベントも目白押し。9日(日)には「『耳なし芳一』〜小泉八雲〈怪談〉より」と題し、ミュージシャンの坂田明さんの演奏に合わせ元NHKアナウンサーの青木裕子さんが朗読を行う。会場は極楽寺客殿で午後3時30分開演。茶菓子付4千円。

 ほかにも、2日(日)には杉浦充さんによる筝の演奏会が、3日(月)は「極楽寺・稲村ガ崎『山野草ツアー』」と題した地域散策が企画されている(雨天時5日に延期)。5日(水)は稲村ガ崎自治会館を会場に幇間悠玄亭玉八さんによるお座敷芸が、10日(月・祝)は江ノ電車両を貸し切ったサックスコンサートが行われる。(料金等要問合せ)。

 パンフレットは参加店舗等で入手可。申込みや問合せは【電話】0467・32・9832どんぐり工房へ。

鎌倉版のトップニュース最新6

「鎌倉大根」の魅力知って

「鎌倉大根」の魅力知って 文化

市民団体がブランド化目指す

12月6日号

可燃ごみ、逗子で処理へ

可燃ごみ、逗子で処理へ 政治

広域化計画素案に明記

12月6日号

台風対応に2.8億円補正

鎌倉市

台風対応に2.8億円補正 社会

倒木処理や崩落防止実施へ

11月29日号

推薦書作成を「休止」

世界遺産登録

推薦書作成を「休止」 政治

新たなコンセプト構築できず

11月29日号

国登録文化財へ

国登録文化財へ 文化

築87年の洋風住宅

11月22日号

車道通行規制日中のみ解除

車道通行規制日中のみ解除 社会

国道134号陥没現場

11月22日号

常設の「冒険遊び場」開設

常設の「冒険遊び場」開設 教育

旧梶原こども会館を利用

11月15日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク