鎌倉版 掲載号:2016年10月28日号 エリアトップへ

「ニューヨーク鎌倉会」代表幹事を務める 篠崎 晃さん 極楽寺出身 79歳

掲載号:2016年10月28日号

  • LINE
  • hatena

「故郷が結ぶ縁大切にしたい」

 ○…「人種のるつぼ」と呼ばれ、100以上の言語が飛び交う米・ニューヨークにこの夏、鎌倉をルーツとする人々からなる会が発足した。発起人として立ち上げに奔走し、9月15日には現地で初の集まりを開いた。「ほとんどの人は初対面だったのですが、住んでいた場所や卒業した学校、はたまた天ぷらだったらどの店が美味いかまで、とにかく話が尽きませんでした。このまちでこんなにローカルな話ができるなんて夢のよう」と微笑む。

 ○…極楽寺出身。大学卒業後に三井物産へ入社し、1964年にメキシコ、69年にNYへと赴任した。その後数年間、日本での勤務を経て80年に再びNYへ。日本に戻る話もあったが「子どもたちもなじんでいたから」とアメリカに留まることを決断した。現在は母校・上智大学の現地オフィス代表として、各地の兄弟校との提携事業や学生インターンシップのコーディネートなどに携わる。

 ○…7月の初め、あるパーティーで50歳近くも年下の女性と出会い、年の差を超えて意気投合した。「不思議なことに彼女とは何か話し足りない気がした」と、くだんの女性、脇田玲子さんと後日改めて会うことに。すると互いに鎌倉出身、しかも国大附属小のOB・OGであることが分かった。「30年以上NYにいて、鎌倉の人と会ったのは初めて。驚くとともに、言葉にはできない懐かしい気持ちが胸に広がりました」。すぐに「鎌倉会」のアイデアが浮かび、脇田さんとともに地元紙やSNSを通じて参加を呼び掛けると、あっという間に30人が集まった。

 ○…会では今後も年に数回の集まりを開く予定。「日本の常識はここでは非常識。大きなプレッシャーと闘っていると、ふと浮かぶのが故郷の風景であり、そこでの記憶なんです。今回それを共有できる人たちと出会えたことは本当にうれしい。この絆を大切にしていきたい」。そういうと満面の笑顔を見せた。

鎌倉版の人物風土記最新6

木田 浩理(ひろまさ)さん

データの分析・活用と人材育成についての著書を出版した

木田 浩理(ひろまさ)さん

台在住 40歳

10月16日号

亀山 和明さん

鎌倉の「海」を描き続ける画家

亀山 和明さん

七里ガ浜在住 59歳

10月9日号

渡邊 令恵(ふみえ)さん

競技かるた「永世クイーン」で鎌倉山かるた会を主宰する

渡邊 令恵(ふみえ)さん

笛田在住 56歳

10月2日号

村岡 俊也さん

『新橋パラダイス 駅前名物ビル残日録』を出版した

村岡 俊也さん

二階堂在住 42歳

9月25日号

藤井 まりさん

精進料理塾「禅味会」を主宰し、国内外でその魅力を伝える

藤井 まりさん

稲村ガ崎在住 73歳

9月18日号

鴻巣 龍太郎さん

9月3日付で大船警察署長に就任した

鴻巣 龍太郎さん

大船在住 58歳

9月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク