鎌倉版 掲載号:2016年11月18日号 エリアトップへ

美しい言葉伝えて600回 土曜朗読会が特別企画

教育

掲載号:2016年11月18日号

  • LINE
  • hatena
過去には角野栄子さんらも登場
過去には角野栄子さんらも登場

 「日本語の美しさを伝えたい」と毎週土曜日に建長寺正受庵で行われている「親と子の土曜朗読会」が今年7月、600回の節目を迎えた。これを記念する特別プログラムが11月19日(土)、建長寺法堂で開催される。

 この朗読会は2005年1月、地元出版社かまくら春秋の関係者らが中心となりスタートした。当時、若者の言葉の乱れが社会問題となっており「美しい日本語を耳にする機会を提供することで、子どもたちに言葉への関心を高めてもらいたかった」という。

 翌年には「日本語の美しさを伝える会」(伊藤玄二郎代表)が発足。同会の主催により、毎回、小説や童話、詩などを俳優をはじめプロの語りで聞かせてきた。

 また過去には、やなせたかしさん、井上ひさしさん、角野栄子さんらが「自作を語る」と題した企画を開催したことも。同様の取り組みは他の地域でも始まるなど、広がりを見せている。

 この間、朗読会は1回も休むことなく続けられ、7月16日で600回を迎えた。同会の田中愛子さんは「参加者から詩集を発行した子どもが出るなど、手ごたえを感じている。これからも地道に続けていけたら」と話す。

名作を歌とともに

 600回を記念する特別プログラムが11月19日、建長寺法堂で開催される。午前11時開演。

 第1部で「心によりそう詩をよむ」と題して、朗読会に参加する小学生6人、高校生3人が『自らに』(堀口大學)、『希望』(やなせたかし)などを朗読。第2部では、鎌倉に居を構えたことでも知られる竹山道雄の『ビルマの竪琴』をピアノ演奏と歌を加えた作品にアレンジして上演する。

 入場料は無料(建長寺入山料高校生以上300円、小・中学生100円は別途必要)。定員は先着200人。問い合わせは同会事務局【電話】0467・24・7223田中さん、玄さんへ。

鎌倉版のトップニュース最新6

陽性者累計505人に

鎌倉市内新型コロナ

陽性者累計505人に 社会

1週間で78人増

1月22日号

食品の配布会、初開催

ふらっとカフェ

食品の配布会、初開催 社会

「パントリー」実現へ第一歩

1月22日号

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク