鎌倉版 掲載号:2016年11月25日号 エリアトップへ

鎌女大 「先生の卵」が税学ぶ 税務署と税理士会が企画

教育

掲載号:2016年11月25日号

  • LINE
  • hatena
活発な議論が行われた
活発な議論が行われた

 教員志望の学生たちに税について深く考えてもらおうと、鎌倉税務署が議論とシミュレーションを中心とした租税教室を11月14日、鎌倉女子大学で初めて開催した。関係者は「主体的に学ぶことで論点が明確になったと思う。将来先生になったとき、授業に生かしてほしい」と期待を込める。

 これは、同大学教育学部で教養講座を受け持つ鈴木樹教授が「税について深く主体的に学んでもらおう」と発案したもの。アクティブラーニングと呼ばれる手法で、鎌倉税務署(奥脇貞美署長)が東京地方税理士会鎌倉支部(栗原英信支部長)の協力を得て開催した。

 当日は大船キャンパスに通う教育学部生115人が参加。8人ほどの「消費税村」と「所得税村」に分かれ、ひとつの税制のみで生活し、その村を運営するというシミュレーションを行った。

 学生たちはじゃんけんの勝敗で所得を決定し、生活費や村の運営費を支払ったほか、同支部メンバーの税理士たちの助けを得ながら税金を納付。余った金額は貯蓄に回し、一定期間後の各人の資産や村の財政状況を比べた。

 すると、それぞれの税制で個人間の収入格差や村の資産額に傾向が出た。その後の全体討議で講師から「どちらが公平な税制だと思うか」と問いかけられると、「所得税は収入が多い人ほど不公平感が高いが、村全体の貯蓄が増え、所得の低い人にもお金を回せる」「消費税はみんな同じ額を納めるという公平感があるが、所得の低い人にとっては負担が大きい」といった立場を超えた意見が活発に交わされた。

 参加者の一人、吉野由希子さん(4年)は「税制によってこれほど違いが出るとは思わなかった。税を身近に感じ、公平さとは何かを考える機会になった」と振り返り、鈴木教授は「将来、授業で税について話すとき、今日学んだことを活かしてもらえれば」と話していた。

鎌倉版のトップニュース最新6

陽性者累計505人に

鎌倉市内新型コロナ

陽性者累計505人に 社会

1週間で78人増

1月22日号

食品の配布会、初開催

ふらっとカフェ

食品の配布会、初開催 社会

「パントリー」実現へ第一歩

1月22日号

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク