鎌倉版 掲載号:2017年1月6日号 エリアトップへ

公益社団法人鎌倉青年会議所の新理事長に就任した 大崎 厚郎さん 梶原在住 35歳

掲載号:2017年1月6日号

  • LINE
  • hatena

「地域の絆つなぎ広げたい」

 ○…20歳から40歳までの青年経済人が、様々なまちづくり、地域活性化に取り組んでいる鎌倉青年会議所(JC)。その新理事長にこのほど就任した。今年度の活動テーマは「絆をつなぐ」。「子どものいじめや高齢者の孤独死などが社会問題となっている。日頃から互いに声を掛け合い、周囲を気遣えるような地域の絆、人の輪を広げたい。その土台を作る1年になれば」と意気込みを語る。

 ○…鎌倉で生まれ育った。大学卒業後は自動車販売会社で営業マンとして働いた後、アメリカに約1年半留学。帰国後、27歳で父が経営する地元タクシー会社「KGグループ」へと入社した。「正直に言えば、最初は身内の会社という甘えがあった」と振り返る。しかしその考えはすぐ覆される。「200人近い社員とその家族の人生を背負っていくのだと考えたら恐ろしくなった。父からも『継がせるつもりはない』とはっきり言われました」。その後は必死に経営を学び、4年前、同社の社長に。「サービスの追及に終わりはない。地域の人から『あって良かった』と言ってもらえる会社にしていきたい」と口元を引き締める。

 ○…同じく会員だった父にすすめられ、2011年にJCに入会した。「人や組織を動かすにはどのような順序を踏み、どのような気配りが必要か、それを経験でき、普段の経営にも生かすことができた。何よりも同じように地域のことを考え、信頼できる仲間ができたことが財産」と噛みしめるように話す。リーダーとして率いる1年に向けて「伝統など守るべきものは守り、変えるべきは変える」ときっぱり。

 ○…家庭では2歳と生後半年の男の子の父親。「やはり子どもたちは愛おしいですね」と頬を緩ませる。最近ハマっているのがゴルフ。「自然のなかで歩いているだけで、気持ちがリセットされる。今年中に90を切ることが目標」。そういうと笑顔を見せた。

鎌倉版の人物風土記最新6

堀 明子(めいこ)さん

5月15日から伊豆の国アートビレッジで「水彩画展」を開催する

堀 明子(めいこ)さん

梶原在住 57歳

5月7日号

中村 恒克(つねよし)さん

長谷寺の「絆観音菩薩像」を制作した彫刻家

中村 恒克(つねよし)さん

横浜市在住 35歳

4月30日号

山本 勉さん

鎌倉国宝館の館長に就任した

山本 勉さん

海老名市在住 67歳

4月23日号

和田 冨岳さん(本名:和田冨士子)

70周年を迎えた鎌倉彫刀華会の会長を務める

和田 冨岳さん(本名:和田冨士子)

長谷在住 80歳

4月16日号

菅原 朝美さん

「アルファベットカード」の製作、放課後かまくらっ子への配布を目指す

菅原 朝美さん

藤沢市在住 42歳

4月9日号

河本 蓮大朗さん

古着で織った作品を建長寺などで展示する染織作家

河本 蓮大朗さん

二階堂在住 29歳

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter