鎌倉版 掲載号:2017年1月20日号
  • LINE
  • はてぶ

ご当地芸人ねたのおにいさん 「鎌倉パズル」を小学校に寄贈 「楽しみながら地元知って」

教育

寄贈した野々垣さん(左)と安良岡教育長
寄贈した野々垣さん(左)と安良岡教育長
 本紙コラム「鎌倉市〒の旅」を連載中の鎌倉ご当地芸人「ねたのおにいさん」の野々垣濯太さんがオリジナルのパズル「マチ×アワセかまくら」33セットを市立小学校や子どもの家などに寄贈した。これは、市内を郵便番号で区切った44個のピースからなるもので、それぞれの地域の位置や大きさが遊びながら学べるのが特徴だ。

 昨年12月22日には寄贈式が行われ、安良岡靖史教育長から野々垣さんへ感謝状が贈られた。野々垣さんは「多くの方のご協力でアイデアが形になった。子どもたちが楽しみながら地元を知るきっかけになれば」と話していた。

 このパズルは、市内各地の魅力を伝える自主制作番組「鎌倉市〒の旅」を作っているときに野々垣さんが発案。デザインなどはすべてオリジナルで、製作費はクラウドファンディングサイトなどを通じて集めた。このパズルは購入も可能。詳細はホームページ【URL】http://kamakurashitsu.com/へ。

鎌倉版のローカルニュース最新6件

11/18家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大嶋監督作品を初上映

大嶋監督作品を初上映

12月8日 川喜多映画記念館で

12月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク