鎌倉版 掲載号:2017年1月27日号 エリアトップへ

被災地産品の販売拠点開設 「物産展」主催者が雪ノ下に

社会

掲載号:2017年1月27日号

  • LINE
  • hatena
店内では地元アーティストの作品も展示・販売
店内では地元アーティストの作品も展示・販売

 小町通りそばの市内雪ノ下にこのほど、東北や熊本の産品を販売する店がオープンした。営むのは2012年1月以降毎月2回、鎌倉生涯学習センター前で行われ、昨年末に終了した「東北物産展」の主催者。「東北との絆を途切れさせたくない」と常設の拠点を設けた。今後はイベントスペースなどとしても活用し「被災地と鎌倉、人と人を結ぶ拠点」にしていきたい考えだ。

 「シェアハート鎌倉」(雪ノ下1の2の7)を営む梅津加代子さんは、2011年3月の東日本大震災にショックを受けて被災地支援を始めた。

 寄附や現地での活動も行ったが「被災地の産品を鎌倉で販売すれば、より継続的な支援になるはず」と同年7月、御成町で初めて物産展を企画し好評を得た。

 12年1月以降は他団体とも協力し、「東北ココロむすぶプロジェクトin鎌倉」として、鎌倉生涯学習センターで毎月第2・4土曜日に東北物産展を開き、毎回多くの来場者でにぎわった。

 しかし丸5年109回を数えたことなどを受けて、同イベントは昨年12月で終了。「せっかくつないできた東北との絆を途切れさせたくない」と考えた梅津さんは、小町通りそばに空き店舗を見つけ1月3日に同店をオープンさせた。

 店内には、南部せんべいやゆべし、ずんだ餡のような東北の定番商品から野菜、ジャムなどの加工品、菓子までがずらりと並ぶ。昨年4月の大地震で被害を受けた熊本の食品や雑貨も販売中だ。また地元アーティストが作品を展示・販売できる「小箱ショップ」を設けているほか、コンサートの会場などとしても開放する予定。梅津さんは「この場所を東北と鎌倉、そして地域のなかで人と人をつなぐ拠点にしていきたい」と話している。

 営業時間は午前10時から午後4時で、不定休(2月の休みは1日(水)、9日(木)、10日(金)、11日(土)、15日(水)、16日(木)、22日(水))。問い合わせは梅津さん【携帯電話】090・5751・3185へ。

鎌倉版のトップニュース最新6

陽性者累計505人に

鎌倉市内新型コロナ

陽性者累計505人に 社会

1週間で78人増

1月22日号

食品の配布会、初開催

ふらっとカフェ

食品の配布会、初開催 社会

「パントリー」実現へ第一歩

1月22日号

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク