鎌倉版 掲載号:2017年5月5日号 エリアトップへ

三浦半島サミット 5首長が意見交換 教育・高齢者福祉で連携も

社会

掲載号:2017年5月5日号

  • LINE
  • hatena

 横須賀・鎌倉・逗子・三浦市と葉山町の4市1町が連携し、地域活性化などの行政課題について首長が意見を交わす「三浦半島サミット」。第8回会合が4月24日、三浦市民ホールで開かれた。

 冒頭、前回会合後に新たに着手した実施項目が報告され、同サミットが公認したイベントや三浦半島広域観光における自主事業、県が進める「未病を改善する取り組み」の進捗状況などを確認。そのほか、三浦半島の自然環境保全・活用策として4市1町のホタルに関する情報をまとめたパンフレットを今後作成していく旨を紹介した。

 続いて行われたプレゼンテーションでは、世界保健機関が提唱する高齢者に優しい都市づくり「エイジフレンドリーシティ」事業への参加(神奈川県)、地域が一体となって子どものいじめや不登校に寄り添える環境を整え、個性や能力を引き出す学びの場づくり(七里が丘こども若者支援研究所)の2提案があった。同サミットの会長を務める吉田雄人横須賀市長は、「これまで自然環境や防災、医療・介護など多分野で活動を広げてきたが、高齢者福祉や教育でも連携できたら」と総括した。

イタリアン×地産地消でPR

 4市1町をはじめ、県、観光協会、鉄道会社で構成する「三浦半島観光連絡協議会」では食で地域の魅力を発信する「三浦半島はイタリア半島」と銘打ったキャンペーンを展開している。

 イタリア国旗の緑・白・赤色、フラッグポールの黒色を各市町のテーマカラーに、飲食店が地場食材を使ったイタリア料理を考案=写真。鎌倉市内では3店で赤を基調とした「赤の恵鎌倉リゾット」が提供されている。

鎌倉版のローカルニュース最新6

鎌倉の玄関口きれいに

観光協会

鎌倉の玄関口きれいに 社会

企業などと清掃活動

11月20日号

正月描いた作品展示

正月描いた作品展示 文化

鏑木清方記念美術館

11月20日号

「認知症になっても創作は楽しめる」

「認知症になっても創作は楽しめる」 文化

デイサービス施設が作品展

11月20日号

産前産後の悩み相談会

産前産後の悩み相談会 教育

27日にオンライン開催

11月20日号

「紅葉ゆったり楽しんで」

「紅葉ゆったり楽しんで」 文化

覚園寺で開門時間延長

11月20日号

自然とのふれあい楽しむ

自然とのふれあい楽しむ 教育

キャンプの代替企画

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク