鎌倉版 掲載号:2017年5月5日号 エリアトップへ

優美な「ほとけ」の魅力知る 国宝館で慶派作品展示

文化

掲載号:2017年5月5日号

  • LINE
  • hatena
教恩寺蔵 阿弥陀如来及び両脇寺立像(提供:鎌倉国宝館)
教恩寺蔵 阿弥陀如来及び両脇寺立像(提供:鎌倉国宝館)

 鎌倉国宝館(雪ノ下2の1の1)が特別展「鎌倉の至宝〜優美なる慶派のほとけ〜」を6月4日(日)まで、開催している。開館時間は午前9時から午後4時30分(入館は4時)まで。5月1日を除く月曜日は休館。観覧料一般500円、小中学生200円。

 平安時代末期以降に康慶(運慶の父)にはじまった仏師の一系統「慶派」の作品を集めたこの展示。関係者は「鎌倉大仏や円応寺初江王坐像のような力強い姿とはまた違った、繊細で穏やかな作風を堪能してほしい」と呼びかけている。

 問い合わせは同館【電話】0467・22・0753へ。

鎌倉版のローカルニュース最新6

鎌倉の玄関口きれいに

観光協会

鎌倉の玄関口きれいに 社会

企業などと清掃活動

11月20日号

正月描いた作品展示

正月描いた作品展示 文化

鏑木清方記念美術館

11月20日号

「認知症になっても創作は楽しめる」

「認知症になっても創作は楽しめる」 文化

デイサービス施設が作品展

11月20日号

産前産後の悩み相談会

産前産後の悩み相談会 教育

27日にオンライン開催

11月20日号

「紅葉ゆったり楽しんで」

「紅葉ゆったり楽しんで」 文化

覚園寺で開門時間延長

11月20日号

自然とのふれあい楽しむ

自然とのふれあい楽しむ 教育

キャンプの代替企画

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク