鎌倉版 掲載号:2017年6月9日号 エリアトップへ

(一社)神奈川県建築士事務所協会鎌倉支部の支部長を務める 森安 啓司さん 藤沢市在住 46歳

掲載号:2017年6月9日号

  • LINE
  • hatena

「全員が主役の支部目指す」

 ○…鎌倉市内に事務所を構える建築士事務所が集まり、事務所経営の情報共有や勉強会といった会員同士の研鑚のほか、耐震診断や街づくりに関する行政への助言活動をする(一社)神奈川県建築士事務所協会鎌倉支部。その6代目支部長を4月から務める。40代という若さでの就任は同支部初。30代から70代まで40人の会員がいるが「メンバー全員が活発に発言できるよう雰囲気作りに努め、より良い組織運営をしていきたい」と意気込みを語る。

 ○…今泉台で生まれ育った。幼少期に父が建設会社を設立。その仕事ぶりを見て、高校は神奈川工業高校建築科に進み、図面の引き方など基礎から学んだ。その後、日本工業大学建築工学科へ進学。ゼミでは建物の構造だけでなく、コミュニティの中で建築がどのような役割を果たしているのか、広い視点で研究した。「仲間と台湾や山形へ調査に行ったのが良い思い出です」と振り返る。卒業後は横浜の大手ゼネコン「紅梅組」へ入社。現場での経験を積んだ。

 ○…96年に父の営む芙蓉建設工業株式会社に入社。以来、電球の付け替えから鉄筋コンクリートの建物に至るまで、「地域の総合建設会社」として顧客のニーズに沿ったサービスを行っている。業務の傍ら先代が同支部に入ったのは90年。自身はこれまで14年にわたって総務を務めてきた。「運営側として経験を積ませてもらった。私が前に出るのではなく、メンバーが活躍できるよう支えることができれば」。

 ○…家族は妻と2人の息子。長年趣味として続けていたオフロードバイクは、レースに出場するほどのめり込んだが、最近は忙しく「再開するめどはたっていない」と苦笑い。それでも、本業と支部活動の両立はモチベーションにつながっているという。「10月には和歌山で協会の全国大会がある。各地にいる仲間たちとまた会えるのが楽しみ」と笑顔で語った。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

鎌倉版の人物風土記最新6

板生 郁衣さん

西洋哲学の入門書『14歳からの哲学サロン』(銀の鈴社)を出版した

板生 郁衣さん

浄明寺在住 74歳

2月19日号

堀米 剛さん

「鎌倉みんなのスタジアム」事業を中心となって進める

堀米 剛さん

笹目町在住 41歳

2月5日号

岡田 厚さん

『鎌倉の谷戸と廃寺&古絵図』を自費出版した

岡田 厚さん

西鎌倉在住 73歳

1月29日号

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク