鎌倉版 掲載号:2017年6月30日号 エリアトップへ

NPO法人鎌倉ガイド協会の会長に就任した 関 有恒さん 二階堂在住 75歳

掲載号:2017年6月30日号

  • LINE
  • hatena

個性生かしたガイド活動を

 ○…約120人が所属し、観光客や修学旅行生に鎌倉の歴史、名所を案内しているNPO法人鎌倉ガイド協会。その新会長にこのほど就任した。「会社役員や教師など、様々な経歴の人が集まっているのが当会の魅力。会員一人一人の個性を生かして、さらなるレベルアップを目指したい」と意気込みを語る。

 ○…東京都出身。大学卒業後は化学メーカーに入社した。「人と話すのが大好きなので、営業でバリバリ活躍したかった」が、配属されたのは総務部。その後も会計のスペシャリストとしてキャリアを重ね、香港やニューヨークなど海外勤務も経験した。定年退職後も取引先の会社に請われ、65歳まで総務畑でサラリーマン人生を全うした。

 ○…妻が鎌倉出身だったことから40年ほど前に鎌倉へ。しかし「現役時代は東京と家の往復で、まちのことが全く分からなかった」と振り返る。「今度こそ人と話す活動がしたい」と考えていたところ、市の広報で見つけたのが同協会の「ガイド募集」。さっそく応募したが、最初は苦労したという。「土地勘もなければ歴史にも明るくなかった。ガイド養成のための講習はついていくのがやっとで『追試』を受けたこともありました」と苦笑する。それでも猛勉強を重ね、2008年に晴れてガイドの仲間入りを果たした。修学旅行生を案内する際には、生徒たちが住む土地の歴史を絡めた話をするなど、細やかな気配りを忘れない。「お客さんがうれしそうな表情をしてくれるのが、なによりもうれしいね」といきいきとした表情を見せる。

 ○…リタイア後は、妻と家事を分担中という。会長就任を妻に相談したところ「家の事をちゃんとするなら、と許可をもらいました」と笑う。急増する海外からの観光客への対応など、同協会にかかる期待は大きい。「外国語対応にも取り組みながら、より多くの人をおもてなし出来たら」と朗らかに語った。

鎌倉版の人物風土記最新6

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

久田 典子さん

現代音楽の作曲家として国内外で活動する

久田 典子さん

笛田在住 57歳

12月4日号

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん コミュニティ

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク