鎌倉版 掲載号:2017年7月21日号 エリアトップへ

湘南鎌倉総合病院 苦しみ、悩み患者同士で共有 初の「がんサロン」開催

社会

掲載号:2017年7月21日号

  • LINE
  • hatena
話し合う参加者
話し合う参加者

 湘南鎌倉総合病院(市内岡本、篠崎伸明院長)で7月15日、「がんサロン」が開催された。

 がんサロンは患者本人やその家族が集まり交流することで、治療に関する情報を得たり不安や孤独感の軽減を目指す取り組み。同院では初めての開催となった。

 この日は患者本人と家族7人のほか医師、看護師らが参加。「10年前に乳がんの治療を経験した。再発や転移が心配だが、良い検査の方法はないか」や「抗がん剤治療の副作用で手足のしびれやむくみが残っているが、いつまで続くのか」といったがん経験者の疑問に医師が回答したほか、「治療が終わってもなかなか体力が回復しない。食欲を戻すためにどのような運動をしたらいいか」など、様々な話題を患者同士が話し合う場面もあった。参加した市内在住の女性は「色々な人の話を聞くことができ、一人じゃないと実感できた」と笑顔を見せた。

 同院オンコロジーセンター長の下山ライ医師は「今後も定期的に開催し、患者さん同士の横のつながりをつくりながら、来てよかったと思える場所にしていきたい」と話していた。

 今後は毎月第3土曜日に開催され、次回は8月19日(土)の予定。

 詳細は同院【電話】0467・46・17171へ。

鎌倉版のローカルニュース最新6

「佛教の源流」100人が学ぶ

「佛教の源流」100人が学ぶ 文化

顕証寺の佛立大学講座

12月6日号

振り込め詐欺を防止

三菱UFJ銀行鎌倉支店

振り込め詐欺を防止 社会

鎌倉警察署から感謝状

12月6日号

国文化財特別公開

国文化財特別公開 文化

旧山本条太郎別荘

11月29日号

タスキつなぎ「認知症に理解を」

「RUNTOMO」初開催

タスキつなぎ「認知症に理解を」 社会

11月29日号

防災ハイクで魅力発見

防災ハイクで魅力発見 文化

12月8日 江ノ電沿線で

11月29日号

実例から学ぶ認知症

実例から学ぶ認知症 社会

13日 家族対象に講座

11月29日号

ヒョウタンの灯かり展示

ヒョウタンの灯かり展示 文化

30日〜6日 ギャラリーえにし

11月29日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク