鎌倉版 掲載号:2017年7月28日号 エリアトップへ

「車いすでも楽しめる鎌倉に」 市内NPOが現地調査進める

社会

掲載号:2017年7月28日号

  • LINE
  • hatena
店舗スタッフの対応を確認
店舗スタッフの対応を確認

 「鎌倉は行きたくても行けない街」―。そんな車いすユーザーたちの声を受けて、市内を拠点に活動するNPO法人が車いすでも行きやすい飲食店や名所の現地調査を進めている。ゆくゆくは「ルートマップ」の作成も視野に入れており、関係者は「誰もが楽しく観光できる街になれば」と意気込んでいる。

情報が不足

 調査を行っているのはNPO法人湘南バリアフリーツアーセンター(榊原正博理事長=人物風土記で紹介)。同団体は福祉機器の製造・販売に携わる榊原さんが昨年2月に設立した。これまで車いすユーザー向けに、着物を着て市内を散策するイベントを開催したり、江ノ電沿線のバリアフリー調査、バス会社に向けた講習会などを行ってきた。

 しかし、健常者向けの観光情報は溢れていても車いすユーザー向けの情報は少なく、「鎌倉は車いすで行きづらいところというイメージが根強くあることを痛感した」と榊原さん。「リアルな情報を収集し、発信したい」と今年の4月から月2回のペースで調査を実施。6月26日には、6回目となる調査を行った。

 当日は同団体メンバーで車いすユーザーの宍戸かつ子さんら4人が参加。あらかじめ許可を得た飲食店で座席や通路、トイレの寸法を測ったり、スタッフの対応を確認するなどした。

 宍戸さんは「段差があっても手助けする人がいればバリアではなくなる。うちはここまでならできますよ、という情報がなにより参考になる」と語り、榊原さんは「将来的にはルートマップを作り、障害があるなしに関わらず楽しく観光できるお手伝いができれば」と話していた。

 同団体は、調査に協力してくれる店舗や施設を募集している。問い合わせは事務局【電話】0467・67・5372または【メール】sakakibara@bf-shonan.jpへ。

鎌倉版のローカルニュース最新6

「鎌倉彫ゴルフマーク」話題に

「伝統工芸より身近に」

「鎌倉彫ゴルフマーク」話題に 文化

販路開拓へ職員が発案

9月25日号

累計で110人に

新型コロナ市内感染者

累計で110人に 社会

9月25日号

老舗スパイス商がオンライン教室

老舗スパイス商がオンライン教室 文化

自宅キッチンで一緒に調理

9月25日号

大西恒樹氏が出馬表明

次期衆院選

大西恒樹氏が出馬表明 政治

9月25日号

名物ビル「最後の日々」記録

『新橋パラダイス 駅前名物ビル残日録』

名物ビル「最後の日々」記録 文化

村岡俊也 著文藝春秋社 1,600円(税別)

9月25日号

労災や年金相談無料で

労災や年金相談無料で 社会

2日、大船駅自由通路

9月25日号

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク