鎌倉版 掲載号:2017年7月28日号 エリアトップへ

鎌倉学園ボクシング部 松木さんがインハイ出場 8月4日開幕「入賞目指す」

教育

掲載号:2017年7月28日号

  • LINE
  • hatena
大会を目前に控え、練習に熱が入る松木さんと顧問の鎌田教諭
大会を目前に控え、練習に熱が入る松木さんと顧問の鎌田教諭

 鎌倉学園高等学校ボクシング部の松木健太さん(3年)が8月4日(金)から福島県会津若松市で開催される全国高等学校総合体育大会(インターハイ)に出場する。同部の選手が出場するのは5年ぶり。松木さんは「強敵が多いが、入賞を目指して自分の力を出し切りたい」と意気込んでいる。

 松木さんは6月に武相高校で行われたインターハイ県予選ライト級(56kg〜60kg)に出場した。決勝の相手は関東大会への出場経験もある「タフな選手」だったが、序盤から有効なパンチを決め続けた松木さんは、判定の結果3対0で完勝。自身初となる全国大会出場を決めた。同部としてもインターハイ出場は5年ぶりで、松木さんは「強い相手に勝つことができ、自信になった」と振り返る。

1年で急成長

 高校入学と同時にボクシングを始めた松木さん。それまで競技経験はもちろん、知識もほとんどなかったというが、顧問の鎌田学教諭から勧誘を受けて興味を持ったという。

 2年生の春の大会で初めて公式戦に出場したものの、この時は1回戦で惜敗。しかし続く6月のインターハイ県予選で初勝利を挙げると、ベスト8にまで進出した。

 サウスポーの松木さんのファイトスタイルは、ジャブで相手との距離を取りながら攻撃のチャンスをうかがうアウトボクシング。特に懐に入ってきた相手に合わせる左ストレートが武器だ。「この1年間で自分のスタイルに自信をつけた」と鎌田教諭も成長ぶりに目を見張る。

 競技で最もつらいのが減量という。普段は66kgほどの体重を、60kgにまで絞らなくてはならないため、試合を目前にした現在は、鳥のささみに野菜という「減量食」が続く。「母が減量のためのお弁当を作ってくれるなど、家族が協力してくれるのでありがたい。減量は大変だが、勝った時はそれまでの努力が認められたようでなにより嬉しい。ひとつでも多く勝って入賞を目指したい」と意気込んでいる。

 大会は8月4日(金)に開会式が行われ、5日(土)から10日(木)まで、あいづ総合体育館で開催される。

アウトボクシングが武器
アウトボクシングが武器

鎌倉まめや小町通り店

5月に店舗をリニューアル。広々とした店内には常時70~80種の豆菓子が充実。

http://www.mame-mame.com/

<PR>

鎌倉版のトップニュース最新6

実現へ国に支援要望

ロードプライシング

実現へ国に支援要望 社会

今年中の導入は困難に

1月24日号

昨年比半減の90人に

待機児童

昨年比半減の90人に 社会

定員190人拡大が奏功

1月24日号

再開館を10月に延期

鎌倉生涯学習センター

再開館を10月に延期 社会

耐震工事に遅れ

1月17日号

2022年「大河」は北条義時

2022年「大河」は北条義時 文化

『真田丸』三谷さん脚本

1月17日号

花火大会が中止に

花火大会が中止に 文化

五輪で警備体制整わず

1月10日号

「広域連携で課題解決へ」

新春市長インタビュー

「広域連携で課題解決へ」 政治

ごみ処理施策など語る

1月10日号

1530人が門出迎える

令和最初の成人のつどい

1530人が門出迎える 文化

1月10日号

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク